“グローバル金融界のために韓国がすべきこと” (中央日報 2015年04月27日)

中央日報

グローバル金融界のために韓国がすべきこと

2015年04月27日

エマニュエル パストリッチ

 

AIIBに対する主な批判は、中国が開発途上国でインフラプロジェクトを進める際に環境に及ぼす影響に対するスタンダードが欠如しているということだ。このような懸念は正当だ。多くの中国人もまた、快く中国のインフラ開発モデルに問題があるということを認める。中国モデルは多くの人が貧困から抜け出し中産層への成長を可能にさせた。中国モデルは開発途上国だけでなく先進国にも輸出できる。だが環境に及ぼす影響に対する標準は低い水準だった。

また、中国は水質汚染、黄砂、粒子状物質などの問題を抱えている。中国だけでなくアジア全体に大きな問題だ。それにもかかわらず中国が環境後進国だと断定することはできない。中国は再生可能エネルギー投資分野で世界を先導している。風力や太陽エネルギー分野で中国ほど多くの投資をする国はない。中国が肯定的な発展モデルを発展させようとするならば、その成功の可否はAIIBとGCFの関係設定にかかっている。2つの機関間の協力が2つの機関の発展過程で優先順位を占めなければならない。AIIBとGCFが共同で開発するグリーン発展モデルの対象はドイツやフィンランドのような富裕国ではない。いままさに経済的な膨張を始めた国々だ。したがって新しいモデルの波及力は潜在的に強大だ。

国際社会がAIIBにどのように反応するかわからないが、いくつか確実にしておくことがある。旧式の封鎖政策は中国の経済的な影響力拡大を防ぐことはできない。中国は単純にひとつの国ではない。中国は世界の人口の5分の1に故郷だ。米国がAIIBに加担しようがしまいが、AIIBは中国と世界の発展に深い影響を及ぼすだろう。中国と協力して中国と世界経済の未来を作り出すこと以外に他の選択はない。私が会った多くの中国の学者と官僚らによると、中国は近く環境政策を大々的に修正するだろう。中国はまた、歴史上初めて強大国として自国の国際的な責任を考慮している。

最後に強調する必要があるのは、AIIBとGCFが成熟した国際機関に発展する過程で韓国と中国の伝統的な経済原則を反映しなければならないという点だ。伝統的に両国は100~200年を単位とする長期的な経済計画を推進し農業と持続の可能性を強調した。もしかしたらAIIBとGCFは朝鮮王朝と清が残した偉大な持続可能な発展の遺産を生き返らせるかもわからない。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: