Circles and Squares

Insights into Korea's Sudden Rise

“韓国文化が韓国企業の最大資産だ” (中央日報 2015年 6月 8日)

中央日報

韓国文化が韓国企業の最大資産だ

2015 6 8

エマニュエル パストリッチ

 

不幸にも外国人社員は自分たちが働いている会社の歴史や文化に対してほとんど知っていることがない。会社が追求する価値と目標を紹介する英文文献を見れば翻訳が粗いだけでなく内容が陳腐だ。会社の哲学と価値、ビジョンを詩的で優雅で力のある英語の文章で表現した文献を作らなければならない。それでこそ社員にインスピレーションを与え彼らを変化させることができる。だが、文献自体が会社を変化させるのではない。会社の核心価値を毎日毎日会社で経験できなければならない。外国人採用には年俸よりも核心価値がもっと重要だ。

企業文化はその構成員にとって彼らが伝統の一部だと感じさせなければならない。すべての人を包容し未来を提示する伝統だ。製品は人々の暮らしを改善するのが目標だ だが、製品の下地にはより良い社会に向けたビジョンが敷かれていなければならない。会社の全社員は未来を作る作業に自身が参加しているという親密な感情を感じられなければならない。

以前は、韓国文化は韓国人がもっと熱心に働かせる手段として活用した。より良い国を作るためには韓国民族が韓国文化を通じ団結しなければならなかった。そのようなアプローチ法は効果的だった。だが、状況は変わった。世界化と多文化環境の中で韓国文化は普遍的価値とグローバル協力の土台にならなければならない。

すべての企業文化に含まれなければならない韓国文化の要素はない。だが悲しくも多くの韓国企業では韓国の伝統建築・家具・芸術の痕跡を見つけにくい。韓国企業に最大の付加価値になれる韓国文化が見られないのだ。韓国文化の有形・無形要素ともに重要だ。韓服を会社のユニフォームに、韓屋を社屋に応用する韓国の会社は格別に見えるだろう。

長期的には韓国文化の無形側面がもっと大きな影響を及ぼすだろう。例えば私の友人を含め多くの外国人は韓国的なものの中で弘益人間に彼らが最も強く引かれるものがあると話す。弘益人間は本質的に普遍的なので企業文化に含まれた弘益人間の価値は習慣や考え方の差を克服するのに助けを与えられる。

ソンビ精神も同じだ。ソンビ精神は統合性や責任意識を増進させる手段として企業文化に効果的に吸収されることができる。韓国の「村」の観念にも途轍もない潜在力がある。「村」は理想と興を会社に吹き込むこともでき、世界に韓国式経営技法として応用することもできる。技術や金融技法ではなく韓国文化が韓国企業の最大の資産だ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: