「韓国学と韓国の公共外交」 中央日報 2016年 10月 1日

中央日報

「韓国学と韓国の公共外交」

2016年 10月 1日

エマニュエル・パストリッチ

  私が1983年にエール大に入学した時、アジアについて学ぶことを望んだ。結局、中国語を専攻することになり、4年の時に日本語の勉強を始めた。当時、エール大には韓国学のプログラムがなかった。今日のエール大には韓国学のプログラムがあるが、学生は韓国学を専攻にすることはできない。教授が一人もいない。韓国にとって大きなマイナスだ。多くのエール大卒業生が政府や財界で重要な役割を担うが、この人たちは学部の時に韓国文学・歴史・哲学・芸術史の講義を聴く機会がない。

最近、「公共外交法」が通過した。韓国政府に海外の韓国専門家不足を解決しようとする意志があることを示唆する。海外の韓国学研究の幅と深さは中国学・日本学に比べて遅れている。政府の支援資金は米国で韓国学を発展させるのに使われるだろう。しかし「国際社会で大韓民国の国家イメージおよび地位向上に寄与することを目的に」と表現された公共外交法の目標は私を失望させた。

私が中国語・日本語を勉強したのは、中国・日本政府の「国家イメージ向上」とはいかなる関係もなかった。私にとって関心はこの両国の価値、哲学・美学原理だった。韓国料理の広報や歌手PSYのハーバード大での講演は、韓国文化に対する長期的な関心を高めていくうえで効果がないだけでなく、逆効果を招きかねない。韓国を時間の検証を受けた価値体系でなく消費を待つ楽しみ(fun)として紹介するのは効果がはるかに落ちる。韓国は努力すれば深いインスピレーションを受けることができる対象として提示されなければいけない。

フランス・英国・日本は長い植民地支配の歴史を通じて積極的に自国文化の優越性を広報し、植民地の住民を社会的に統制する手段とした。こうした苦い伝統は決して推奨できないが、これらの国のこうした伝統は早期に自国文化に対する神話、神秘を形成した。このゲームを遅く始めた韓国は90年代まで文化の広報に投資していなかった。フランスやドイツより100年ほど遅れたのだ。

日本が武士道の広報に使う「神話」や植民地遺産を背景にした英国・フランスのエリート主義を韓国が避けることができるなら、そしてより参加的な韓国学広報の接近法を開発できるなら、遅く始めたことがむしろ有利に作用する可能性がある。

最も大きい韓国学の問題点の一つは韓国学をゼロサムゲームとして理解することだ。より多くの人を日本や中国でなく韓国語・韓国史を勉強するよう説得するのは重要でない。実際、韓国学を成長させる最も大きな潜在力は韓日中比較研究を増進させるところにある。私も日本文学の教授として韓国学に関心を持ち始めた。

特に前近代期の歴史・文学・哲学・芸術史分野で損失が最も深刻だ。韓国は中国学や日本学の専門家に研究費を支援することで、これら専門家を韓国学に引き込む努力が不足している。しかし中国学・日本学研究者は文語体の漢文で書かれた初期韓国文献を読むことができる。この人たちに韓国に関する注目を引くような研究を遂行させることも重要な目標だ。

ハーバード大と関連する問題もある。私はイリノイ大の教授として7年間在職したが、イリノイ大は米国で最も多くの韓国専門家を確保していた。しかし韓国国際交流財団はイリノイ大でなくハーバード大を支援した。ハーバード大が使い切れないほどの金額だった。学問を発展させるのは学者のネットワークであり、アイビーリーグのような特定大学ではない。研究に重要なのは大学でなく学科だ。

公共外交の問題に戻ってみよう。少女時代は数百万人の心をつかむかもしれないが、そうだとしても意味のある影響力は生じない。韓国の重要性を浮き彫りにし、韓国を正確に理解させるための闘争で戦士となるのは40年以上教える教授だ。こうした教授が韓国について若い頃から知る次世代の指導者を教育する。

韓国学の標準を高めることも重要だ。米国には、韓国の研究をするが韓国語を話せない学者が多い。フランスやスペインを研究する学者のフランス語・スペイン語レベルに相応する韓国語レベルを学者に要求しなければいけない。学生や教授は厳格なプログラムを尊重する。韓国語を一言も話せない人たちがワシントンで北朝鮮について「説教」するのは韓国に役立たない。

韓国学をお金で買うことはできない。お金だけでなくビジョンが必要だ。韓国国内大学で文学・芸術史の教授の席を減らせば、海外の韓国学にもマイナスの影響を与える。韓国文化・言語という基礎を無視して韓国経営・経済研究を支援するのは致命的な失敗だ。

最後に強調したいのは学問の自由だ。日本は米国内の中国学・韓国学を牽制するために日本学支援に1500万ドルの予算を投じたが、日本が自国のプラスのイメージを広報し、不都合な真実を洗浄しようとしているのではという疑惑を買っている。韓国は米国の学者が米国に最も合う方向で韓国学を発展させられるようにしなければいけない。

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: