アメリカ大統領への立候補宣言 「私は悪を恐れない」

アメリカ大統領への立候補宣言

「私は悪を恐れない」

エマニュエル・パストリッチ

独立候補

2020年 2月 24日

歴史の流れには、時に劇的で、圧倒的でさえある転換点があります。そこでは漸進的な適応以上のものを要求しなければならず、社会のあらゆる面の根本的な再構築を要求しなければなりません。今現在はまさにその瞬間であり、私はアメリカ大統領選挙への立候補を宣言することにしました。大統領の地位に付随する特典(特に現在、機関が衰退したために派手になってしまった特権)を望むからではなく、この国の最高の伝統から最も恩恵を受けた人々が戦いに身を投じることを厭わない限り、私たちの国の出血を止めることが出来ないと感じたからです。

気まぐれや束の間の感情への訴えではなく、真実に基づいた政治を行う時が来ました。私たちは、最愛の米国に浪費をもたらした深い道徳的腐敗から目をそらすことはできません。人々の苦しみに対する深い共感と、この国がどうあるべきかという、国民に使命感を与えるようなビジョンとを組み合わせなければなりません。

このキャンペーンでは煌びやかな虚偽の約束をいたしません。正直な政治の言説を回復し、理想を保持し、その理想を実行する政府を再確立するまでは、政治家が自らを「保守的」または「進歩的」と呼ぶかどうかにかかわらず、政治家の約束にはあまり意味がないからです。

今日、私たちの政府、私たちのジャーナリズム、私たちの教育機関、私たちのコミュニティ、そして私たちの家族はす​​べて、崩壊の危機に瀕しています。自己欺瞞に負けて、目の前にある荒れ地に立ち向かうことさえ出来ていません。

私が主張するのは以下のことだけです:国民が理想を確立し、習慣を実践し、この国を再構築する基盤を形成する政策が準備できるように、また、すべての人が近隣において、いつでも実際的な政策決定過程に参加できる機関を構築するために、私たちは共に努力しなければなりません。このコミュニティを形成できない場合、人々がお互いを自分の利益のために利用できる対象としてのみ見るならば、最高レベルの政策改革でも私たちの未来を救うことはできません。

今日の市民はもはや市民ではなく、すべての政治家にお金を浴びせている企業に雇われた広報会社によって、事前にパッケージ化された幻想を押し付けられている単なる消費者に過ぎません。

私たちはオブザーバーとしての役割しか持たず、私たちと会うことも、私たちを代表することも、私たちからの電話に出ることさえしない政治家にお金を差し出す以外に選択肢がないと、腐敗したメディアから私たちは教えられています。一握りの強力な企業に支配されているメディアは、私たちの問題を解決するためには魔術師を探し出さなければならないほど困難であり、そして、自分たちの手でより良い社会を構築するためには、私たちを導くリーダーを避ける必要があるということを信じ込ませるために、一生懸命働いています。私たちが自らの手でそれを構築し始めるまでは、良い政府への道はあり得ません。

奴隷制に反対したフレデリック・ダグラス博士が書いたように、「誰かが自由になるには、彼ら自身が打撃を与えなければなりません。」

大統領職のためのこのキャンペーンは自分自身を企業メディアに広報するためではありません。私たちが奴隷になることを要求する悪臭がするメディアの群れの前で屈服するよりは、私たち自身の手で信頼できる市民ジャーナリズムのシステムをつくる方がよっぽど良いからです。今の企業メディアは全会一致で私を侮辱してきますが、私は彼らの侮辱を歓迎します。

11月に投票するだけではなく、米国を変革するための闘いに加わり、毎日私たちに協力してください。あなたの努力は、説明責任のある政府に市民を結びつける「筋」を作ります。私たちの近隣組織が民主的で参加型でない場合、その国家はもはや民主主義ではありません。

無罪の国民に満ちた広大な刑務所にしろ、子供たちを悲惨な状態に追い込む腐敗したインフラにしろ、質素、謙虚、慎みの美徳を破壊した消費とわがままな文化の公布にしろ、この国は本当に時間が遅れています。

国は市民のニーズに予想通りに応対する繊細な時計のように機能するはずです。しかし、時計のファンフライが泥で詰まっている場合、雁木車が破損している場合、またはハンマーロッドが反っている場合はどうすればよいでしょうか?

時計が遅くなり、最終的に回復不能な停止状態になることを知って、時計をそのままにするでしょうか?または、時計を一時停止し、頭から爪先まで全体をきれいにし、修復して改善しますか?後者のアプローチでは専制政治を唆すリスクがあります。しかし、前者は事実上それを保証します。国の崩壊を静かに見守るよりも、危険ではあるが重要な手術の準備をする方が良いはずです。

数多くの越権と奪取が絶対的な専制政治の追求から生まれることが痛々しいほど自明になると、人々の将来の安全のために、新しい予防線を提供することが私たちの権利と義務になります。

すべての将来の行動を下支えする2つの基本原則があります。

1.真実の科学的調査

民主主義は、人々のニーズに応えて、行政に対する知恵と社会に対する理解が政策に変換されるプロセスです。しかし、人々が、ミスリードされ、歪曲され、装飾されたジャーナリズムに飽き飽きしているなら、もし、人々がわがままであり、したがってガバナンスへの関心を失うように教えられているなら、我々はもはや民主主義を持ってはいません。政策に関する議論が真実に基づいていない場合、空想的な民主主義になります。しかし、これは難しい部分ですが、真実は決して民主的ではありません。もしも、私たちが投票によって何が真実かを決定することになれば、あまりにも秩序的で合理的過ぎる精神病にすでに陥っていることになります。昨今では多くの市民、特に教養のある知識人が、世論や人気投票を見て何が真実であるかを決めています。このような極めて反知的な文化の方向性は大変危険です。

私たちは、この国の貧困とその原因、私たちが戦う外国戦争の背後にある動機、教育と地域社会の衰退についての真実を探求します。私たちは、あなたが近所の社会的、経済的な現状を調査するときにあなたを奨励し、あなたをサポートし、あなた自身で解決策を策定し、そして実行するための道徳的な勇気を育てるのを助けます。

エイブラハム・リンカーン大統領を引用すると、「国民の、国民による、そして国民のための」政府の設立が私たちの目的です。この目標は、単一の人の選出、または単一の法案の通過によって達成することはできません。それは、私たちの文化と習慣の大きな変化の結果としてのみ生じるでしょう。

金持ちから大金持ちへ、血まみれで詐欺的な男たちの手から手へと渡る富の大規模な移動から、あなた達の目をそらすために、愚かにも汚れたお金を使うようなことはしません。私たちは真実を語り、悪を恐れません。そうしてこそ初めて、私たちは終わりのない戦争を終わらせることができます。そうして初めて、米国の普通の人々への冷酷な搾取が止められます。

2.国民のための政府

米国憲法は、権力者ではなく、国民を代表する政府の青写真を定めています。この国を建設するプロセスは不完全であり、奴隷制という犯罪によって汚染され、原住民の虐殺によって損なわれました。それでも、私たちはまだ残っている、粉砕された制度のあちこちに輝く憲法の炎を垣間見ることができます。

企業が資金を提供するPRの仕掛けとして、または利益を追求する請負業者の玄関口としてではなく、人々の福祉を保護し、権力者に反対する人々を守るものとして、今こそ政府を改革する時です。

急進的な富の集中、環境の壊滅的な崩壊、富への道としての軍事主義への愚かな衝動、これらの犯罪は、今日の「常識的な世間」での議論のトピックとしてさえ考慮されていません。私たちを導くはずの政治家は、臆病と偽善で織られた毛布に身を包むことを好み、「4匹の猿」の名誉ある慣習を真似ています。

しかし、その静寂の選択にはひどい隠れたコストがかかっています。アフガニスタンの厳しい山道やウォルターリードメディカルセンターのくすんだ廊下で、悪夢は若者の周りを包み込みます。断片化された心をつなぎとめようとする自分の尿の中に、または、空白の壁を一日中見つめている私立刑務所の独房の中に、悪夢は横たわっています。

子供たちを養うために、昼夜を問わず過酷な仕事で絶えず働かなければならない人々に希望の光をもたらしましょう。彼らの利益を国家的課題の中心に置く政府が創設されることを彼らに知らせてください。私たちは奴隷制を奴隷制と呼ぶことを恐れておらず、戦争を戦争と呼ぶことを恐れていないことを彼らに知らせてください!

真実は引き続き前進する

謙虚な心、そして辛抱強さと忍耐をもって、一緒に前進しましょう。私たちのキャンペーンは時には対立的でなければなりませんが、それは常に愛に根ざし、根づいています。私たちは、虚栄心によって集まる裕福な人を減らし、労働によって集まる人を増やすことを要求します。最も価値のあるものは、目に見えないものであることをすべて明らかにします: 個人として、グループとして、そして国家として、全体の利益のためだけでなく真実を追求するためにも、自分自身のリスクを厭わずに私たちを導くコアバリューです。

石油とプラスチックによって私たちの環境に与えられた損害、金持ちによる数兆ドル規模の財産の国外への貯め込み、どのようにして権力者がインターネットを利用して私たちを本能的で、自制がない動物にするのか、これらの重大な社会危機は今の企業メディアでは一切紹介されていません。我々は努力して、この事実が明らかに見えるようにします。

それはアメリカ社会の大転換になるはずです。仲間の市民の皆さん、真理はあなたがたを自由にするでしょう。

— — — — — — — —

エマニュエル・パストリッチ 2020

アメリカ大統領 独立候補 綱領

17条

1. 公正でない選挙は認めません。

現在の選挙制度は非常に腐敗しており、意味がありません。資格のある候補者は投票に参加できず、彼または彼女のアイデアや活動は、重要な情報への市民のアクセスを拒否するメディアによってブロックされています。投票は、ハッキングされるように設計されたコンピューターシステムを使用してカウントされ、人々の神聖な選択の証拠を残しません。貧しい人が住んでいる地域には投票機がほとんどないので、疲れた母親と父親は何時間も並んで待つ必要があり、夕暮れが近づくにつれて寒さで震えます。

すべての市民が簡単に確認できる方法で投票する権利が保証され、資格のあるすべての候補者が、彼や彼女らの政策を人々に直接提示することができる、国際的に監督された選挙を国が行うまで、大統領またはその他の選挙を正当なものとして認めることはできません。選挙全体をクリアな方法で処理し、商業広告を禁止する必要があります。

正当な選挙がないのなら、私たちにはこのプロセス全体を拒否する道徳的義務があります。私は大統領に立候補しましたが、金持ちが私に資金を提供したり、政党が私を支援したりすることを期待していません。 2020年の選挙も不正になることが予想されるため、結果を受け入れることも、勝ったと主張する人々を認めることも出来ないことはわかっています。さらに、「選出された」人は全ての意味において「私たち」の代表ではないことがすぐに明らかになるでしょう。私たちは、私のような候補者が参加できる正当な選挙が行われるまで待ち続けます。

2. 気候変動は圧倒的な安全保障上の脅威です。国内および外交政策のあらゆる側面での対応が必要です。

気候変動の緩和と適応のための100年計画への全面的なコミットメントは、米国のすべての安全保障、経済、教育政策の中心になければなりません。 2、3年以内に石油と石炭の使用をゼロに減らすために、戦争経済に相当する資源をすべて投入しなければなりません。

政府は、化石燃料の使用の急速な削減を要求し、自家用車の使用を終わらせ、飛行機の使用を制限する指令を定めます。私たちは、あらゆる地域での太陽光発電と風力発電機の設置に資金を提供します。これらの技術のすべての知的財産権は、この目的のために政府によって引き継がれます。 2か月以内にすべての住宅に最高の断熱材を導入することを含めて、すべての建物の炭素排出量がほぼゼロになるように、直ちにアップグレードを行います。政府は50年のローンを使用して、化石燃料よりも再生可能エネルギーを安くします。

石油、石炭、ウランに対するすべての補助金を廃止します。これらの物質は、営利目的で販売できない規制物質として指定されます。

軍隊は、国の他の領域よりも100%再生可能エネルギーにすばやく変換され、それによって環境の最大の敵から最も強力な防御者に取って替わります。汚染された戦闘機と時代遅れの航空母艦は、彼らが企業にもたらす利益を心配することなく直ちに廃棄されます。仕事を失う立場にある人は、再生可能エネルギープロジェクトでの雇用が保証されます。

石油およびガス会社は、環境を破壊していることを十分に知っている市民に危険な物質を押し付けるために数兆ドルを費やしました。そのような行為は法律によって犯罪とみなします。これらの企業とその所有者の資産は、政府によって押収され、私たちの経済の変革に資金を供給するために使用されます。

エネルギー、食物、天然資源の浪費は、それが憎むべきものであると認識され、より良い生活の象徴として決して宣伝されることはありません。

政府は真に持続可能な都市と郊外のコミュニティの創造を監督し、生物多様性を確保するために野生地域の回復に着手します。それは、私たちの聖なる森と貴重な湿地を汚したモール、駐車場、工場、高速道路を破壊することを意味します。

3. 必要な手段で核兵器を排除する。

人類は前例のない核戦争のリスクに直面しており、「使用可能な」小型核兵器の推進によって状況はさらに酷くなっています。 私たちは、これらの危険な兵器を地球から排除することに全力を尽くしますが、そのプロセスは痛みを伴います。 私たちの子供たちのために、私たちはすべての核兵器を強制的に没収し、安全に処理します。それは米国から始まり、そして世界の他のすべての国々にまで拡張します。 私たちは、国内外の、政府内および政府外の献身的な市民グループと協力します。 核兵器の開発も停止する必要があります。

4. 多くの人が直面することを拒否した過去の国際的な科学的調査を開始する。

過去20年間、私たちを捕らえてきた否定の文化を振り払うまで、気候変動と核戦争の脅威に対処することはできません。 いわゆる「9/11」事件を含め、2000年の選挙後に少数の有力者が行った行動について、大胆不敵な調査を行わなければなりません。

国際的な「真実と和解」チームが科学的手法を採用し、市民と世界が見るべき真実の物語を明らかにしなければなりません。 調査の範囲に制限はありません。 ケースの深刻さを認めると、関連資料はすべて機密解除する必要があります。 また、あるグループだけを責める単純化された物語に満足する必要もありません。 オリエント急行殺人事件は解決可能な犯罪でした。

5. 米軍を撤収させ、国連をアップグレードします。

米国は世界中に配備された軍隊を撤収しなければなりません。軍隊はしばしば富裕層の利益のために遣え、兵企業で搾取されました。 私たちは真の国際安全保障のために戦い、死ぬ準備ができていなければなりませんが、国連憲章で定義されている最も厳しい意味でのみそうしなければなりません。 つまり、私たちの足の下の土を守り、海の純粋な水が毒されないことを保証し、無意味な戦争で戦うよりも、永久に森林を保護するために、貪欲の力との高貴な戦いで私たちの命を危険にさらす方が良いでしょう 。

国連は脆弱な惑星(地球)の未来を計画し、それを実行する主要な空間でなければなりません。 しかし、それは企業や裕福な個人の干渉なしに、地球の市民を代表する権限を与える完全な改革がなされた場合にのみ行うことができます。

6. 企業は人ではありません。金持ちは1票しか獲得できない。

企業は人間ではなく、政策の策定において果たす役割はありません。同じことが、超富裕層や意志を発揮する投資銀行にも当てはまります。政策立案者が必要とする情報は、利益を得る圧力をかけずに我が国の現状を客観的に評価できる公務員、教授、その他の専門家によって提供されなければなりません。

金持ちはただの人です。彼らには誰よりも多くの権利はありません。彼らは政策決定において特別な役割を持ってはならないのです。直接的または間接的にお金を使って政策に影響を与える人々は、汚職と贈収賄に従事しています。無害な「コンサルティング」および「ロビー」という用語を使用して、そのような犯罪性を隠しています。

政府が企業から独立を取り戻し、人々を保護するための厳格な規制システムを作成できるように、公務員に権限を与えなければなりません。私たちは以前にそれを行ったことがあり、再びそれを行うことができます。その過程で、銀行や通信およびエネルギー会社などの多くの企業が国有化され、公益として、利益ではなく公益を持っている公務員の有能なスタッフによって運営されます。そのような慣行は古代に先例があるため、イデオロギー的な装飾を必要としません。

7. 国民のための経済

経済的平等と財政の厳格な規制がなければ、民主主義は不可能です。私たちが眠っている間に、エリート派は何十年もの間、違法で不道徳な手段によって大きな富を生み出し、それを海外に蓄えてきました。私たちの市民のほとんどは、産業と政府のきらめく外観の後ろに広がっている腐敗を想像することさえ出来ません。

これらはすべて停止します。私たちは、FBIの支援を受けて国防総省を含む政府のすべての支部の完全な監査を実施し、恐れることなく前進する国税庁およびその他の政府局の何千人もの専門監査人に権限を与えます。議会とその全メンバーの完全な財務監査を要求します。また、行政部門全体と司法のすべての主要メンバーも監査されます。必要に応じて、数千人以上を解雇し、罰金を科し、投獄することを恐れません。

政府が国民の福祉に再び焦点を合わせたら、私たちは企業と超富裕層のために同じ調査作業を始めます。

淫らな富をもたらす人々は、違法なビジネス慣行と組み合わされた資本への不公平なアクセスを通じてそれを手に入れたことを忘れないでください。彼らの資産は、ジャーナリズム、政治、または教育を損なうために、これらの資金を使用できないように、規模を縮小する必要があります。これからの金融は高度に規制された分野であり、主に人々に説明責任のある政府機関によって監督されます。地域銀行は、地域経済のために市民が運営する協同組合に変身します。

8. 真の教育と調査ジャーナリズムを支援する。

私たちの社会が、社会の状態について批判的に考え、彼らの想像力に閉じ込められた無限の可能性を最大限に活用するために必要な質の高い教育へのアクセスを拒否された場合、政治は合法ではありません。彼らは、私たちの世代の複雑な問題を理解するために、若い頃から歴史と文学、哲学と科学を学ぶ必要があります。

すべての市民が平等に扱われる新しい教育システムを作成します。学校への資金は、地元の不動産税に結びつくことはありません。教師は社会のメンバーと同様に報酬を与えられます。誰もが積極的な市民になることを期待しているため、誰もが質の高い教育を受ける資格があります。

ジャーナリズムは教育の延長です。ジャーナリズムはセンセーショナルな出来事ではなく、本当の問題について市民に知らせ、物事の背後にある経済的および文化的現実について批判的に考える方法を彼らに教えるべきです。残念なことに、ジャーナリズムは、新聞、テレビ放送、インターネットの投稿に、天使たちにアピールするグロテスクな画像や単なるフレーズを詰め込んだ不名誉な汚泥へと退化しました。市民は客観的に考え、より良い社会を築くために協力することを学ぶべきであるのに対し、性的欲求を刺激したり、心のない消費を促進したりするゴミによって攻撃されるのです。

政府は真実の追求に専念し、市民が自分自身で考えることを奨励する、地方および全国レベルで独立した言論を支援しなければなりません。勇敢なジャーナリズム、まさに重大な社会問題についての調査ジャーナリズムは、再び若者の実行可能なキャリアにならなければなりません。

絵画、彫刻、デザイン、ドラマ、音楽、文学などの芸術は、市民の生活の一部でなければなりません。政府は、企業メディアが作成した光沢のある画像や口が上手いフレーズに頼ることなく、市民が芸術を通じて自分自身を表現し、自分たちの未来のビジョンを明確に述べる自信を与えるような活動を支援します。

芸術的表現を促進することで、若者は今日直面している、短期的な目先の喜びに導かれ社会に貢献する能力を奪ってしまう、平凡で操作的な文化から自由になり、彼らに自分の映画、新聞、絵画や写真を作る機会を与えます。また、その仕事に相応の賃金を支払えば、社会を変えることができるという自信を彼らに与えるでしょう。

9. 第13次の憲法改正と奴隷制の終焉

憲法の第13次改正は、奴隷制を明示的に禁止しています。 しかし、私たち市民の多くは馬鹿げた慣行によって借金を強いられており、工場や店舗で事実上、奴隷として働いています。 刑務所にも市民がいます。多くの場合、無罪で働き、愛する人と会う権利のためにお金を払わなければならず、企業に利益をもたらす目的のためだけに、無理やり働いています。 これらの卑劣な慣行は、例外なく13回目の改正の厳格な適用により終了します。

10. 貿易は生態学的で真に自由でなければなりません。

貿易は時に役立つ場合もありますが、今日行われている貿易は、貴重な生態系と人々に大きな損害を与えています。 貿易は、商品を作っている人や使う人のためではなく、少数の利益のために海を渡って商品を運ぶため、投資銀行によって管理されている恐ろしい煙を吐き出す巨大なコンテナ船の別の言葉になっています。

地元の産業や農場が「貿易」によって破壊され、市民が意志に反して輸入品に依存するようになることは、ポジティブではなく、国際化でもありません。

一緒になって、貿易の意味を完全に再考し、誰もがアクセスでき、地域社会のニーズを尊重する化石燃料無しの自由貿易システムを作成する必要があります。

11. 道徳的退廃はこの政治危機の核心にあります。

現在の危機はとりわけ精神的な危機です。 私たちは退廃と自己陶酔に深く陥りました。 彼らは最高の意図を持った人でさえ汚します。 謙虚、倹約、誠実さは私たちの語彙から消えました。 価値と品性の目に見えない内なる世界は、市民を汚物の受動的な消費者にする光景に置き換えられました。

自分の行動を制御し、正義と正義を要求できるコミュニティを形成できるようになるまで隣人を信頼し、子どもたちと率直に話し、共通の価値観を維持できるようになるまで、私たちは、我が国の支配権を握った力に立ち向かうことができません。

道徳的腐敗とは、「自由」と「正義」について語る人々の多くが、あまりにも多くの真実を話すことを避けて、隠密な支払いを喜んで受けることを意味します。 これも終了する必要があります。

12. 軍事インテリジェンス複合体の変革

制御不能な軍隊は、企業が私たちの税金を取り、外部レビューや科学的テスト無しに高価な武器の販売を通じて銀行口座に直接転送することを許しています。

自国のために喜んで人生を捧げる人々が必要です。これらの高貴な感情は皮肉な方向に向けられています。軍隊、およびそれを半影として取り巻く知能「コミュニティ」は、とりわけ気候変動の緩和と適応、および他の真の安全保障上の脅威に変換され、献身されなければなりません。兵士の勇気は、化石燃料の巨人とその不足者によるわが国の支配を終わらせるという危険な義務と、経済を変革する任務に向き直さなければなりません。兵隊の皆さん!エネルギー帝国に立ち向かうことが出来ないなら、どうして自分を勇敢と呼べるのですか?

「私たちの平和と繁栄に外国を巻き込む」危険性に関するジョージ・ワシントンの警告に違反して、私たちは数多くの秘密条約を開始しました。「インテリジェンスの共有」と「セキュリティ協力」と呼ばれ、1914年のような大災害に私たちを導いています。当時、恐ろしいドミノ効果は、世界を壊滅的な戦争に引きずり込んだ秘密条約によって引き起こされました。

NSAの低賃金の契約職のすべての人々、私たちの終わりのない電子メールを読む必要のあるすべての人々、あなたがたはすべて、不当な企業のために愚かなことで人々に嫌がらせをする必要がありました!本当に私はあなたがたに言いたいのです。「一緒に来て!鎖以外に失うものは何もありません!」

13. テクノロジーが市民に及ぼす危険な影響を阻止する。

企業メディアは、テクノロジーの飛躍的な進化をポジティブなものとして賞賛していますが、ほとんどの場合、そのような新しいテクノロジーに触れると、集中力、自分自身で考える力、社会の市民として機能する意識が失われます。テクノロジーは、短期刺激への中毒を誘発する手段としてますます使用されています。このような製品は一部の人々に利益をもたらしますが、ほとんどの市民はそのせいで米国が直面している危機の深刻さを理解できなくなります。

私たちは他者と交流したいので、他者と協力できる仕事が必要です。しかし、私たちが何をしようとしても、数多くの記録されたメッセージ、自動チェックアウト、そして企業利益を冷静に計算するスーパーコンピューターに遭遇します。私たちはデジタルの砂漠に完全に一人でいます。これは事故ではなく、企業が故意的に仕掛けた犯罪です。

テクノロジーを採用する前に、テクノロジーが社会に与える影響を批判的にレビューする必要があります。テクノロジーは非常に役立つ可能性がありますが、それは私たちの時代の真の課題を解決するために適用され、私たちを操作するために使用されていない場合に限ります。

地球と人類社会に対する科学的基盤による理解は、常に私たちの目標でなければなりません。私たちは時に、科学をテクノロジーと混同します。ポール・グッドマンがかつて書いたように、「新しい科学的研究に基づいているかどうかにかかわらず、技術は科学ではなく道徳哲学の一部です。」

14. 私たちを馬鹿にする反知的キャンペーンを停止する。

私たちの市民(米国国民)は、反知的感情を奨励し、世界について深く考えることを思いとどまらせる果てしないキャンペーンの対象となっています。私たちの文化におけるこれらの変化は自然ではありませんが、私たちを従順にするために隠れた力によって課されています。

私たちは、国の隅々まで知的活動のレベルを上げ、人々が自分で考え、独自の解決策を提案するよう奨励しなければなりません。読み、書き、討論はそのプロセスにとって重要であり、奨励されるべきです。市民は有名人によって提供された安易で空想的な意見に決して頼るべきではありません。

私たちは、広告会社や広報会社の有毒な森が市民を馬鹿にして、上からナルシシズム文化を押し付け、自己中心主義を促進することを許すことはできません。恐ろしいのは私たちがすでに受けた膨大な損害です。米国国民は、どのテレビチャンネルを見ても、どのモールに行っても、どのオフィスに勤めても、人を絶望させるような中身のない文化の荒れ地に直面しています。

これからの私たちの政権は、広告およびPR業界を厳格に管理して、市民のための言論を促進し、健全なコミュニティをサポートするような知的放送と新聞を育てます。市民は、生活の現実を科学的に説明する記事を読み、放送を見る権利があり、金持ちの贅沢な生活のモデルシーンとして持ちこたえるプログラムの対象とならないようにする必要があります。

15. 7世代のイロコイの原則を復活させる。成長と消費のカルトを終わらせる。

アメリカの賢明な原住民であるイロコイ族の憲法は合衆国憲法に深い影響を与えましたが、持続可能性への焦点は、米国建国の父たちによって悲劇的に見落とされていました。イロコイ族や他の先住民族の伝統は決して忘れてはなりません。イロコイ族の「第7世代」の原則は、現在の決定が将来7世代の子孫の生活にどのように影響するかを考慮することを要求しています。この原則は科学的かつ合理的であり、海洋、森林、草原は個人または企業に属する商品であり、個人の利益のために破壊される可能性があるという不合理な仮定とは著しく対照的です。

「第7世代」の原則は、私たちの経済的および文化的前提の完全な再評価の基礎として機能する修正として憲法に追加されなければなりません。

国民の幸福を評価するために、成長や消費のような狡い用語の使用をやめなければなりません。私たちはすべての市民の健康、環境の恵み、野生動植物の繁栄を一緒に考慮しなければなりません。

協力は私たちの生存に不可欠です。予算が単にお金への依存を助長するだけであれば、予算を通じて問題を解決することはできません。隣人同士が互いに助け合い、家族やコミュニティが自立できるように支援するためのシステムをセットアップできるように、市民間の物々交換システムを作る必要があります。

ある口座から別の口座に政府の資金を投入するだけでは国民の健康問題を解決できません。また、市民がお互いを気遣い、医学の基本知識、薬草療法、適切な運動を十分に学び、お金をまったく使わずに自分で多くの病気を治すことができるようにしなければなりません。

16. 人々のための農業と健康的で公正な食料経済

地球温暖化によってもたらされる温度の急激な上昇により、今後10年間で食料のコストが指数関数的に増加し、再び農業が生存のための最も重要な活動になります。 私たちはこの大惨事の準備を始めていません。 この破綻した産業農業システムを後にし、人々のための農業に戻らなければなりません。 土地は家族農場として使用するために、多数の市民に配布されなければなりません。 ここで嘆いたり非難したりすることはありません。 私たちの母なる地球から私たちに与えられた土壌と水は、決して企業に属している「もの・こと」ではありません。

農業の流通システム全体を規制し、それによって公平にする必要があります。 少数の人々が農産物の輸出で財産を稼ぐよりも、土壌や水を傷つけない方法で食料を生産することがはるかに重要です。 アメリカ人は持続可能な有機農業を受け入れなければなりません。

17. 憲法には共和党も民主党も記載されていない。

最近の大統領弾劾への動きは目紛しいお芝居に過ぎませんでした。それを冷静に見ることで、やはり現在の政治システムが憲法とは何の関係もないことが明らかになりました。ガバナンスは死に、政治は企業ロビイスト、投資銀行家、メディア評論家、そして彼らが仕える金持ちの間での乱闘になりました。メディアは、長い間ジャーナリストの良心を放棄していたので、アメリカの政治は、酔っぱらった聴衆のようにレスラーを煽るだけでした。

政策の策定と実施をめぐるすべての議論は、憲法で定められた官庁内で透明な方法で取り扱われなければなりません。しかし今日、政策は企業によって行われ、または不透明に政党内で議論され、露骨に違憲な方法で行われます。だまされてはいけません。民主党と共和党は憲法に記載されておらず、それらは私たちの市民の大多数を代表していません。

憲法によって規制されていない政党に政策に関する決定を委ねることは、犯罪および違憲の両方であり、慣行は中止されなければなりません。政党は、地元レベルの市民が集まり、意見を交換するのに適した場所です。現在の政党はこの基本的権利を認めておらず、独裁として運営されています。憲法は、これらの二者にガバナンスや政策の策定に役割を与えていません。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: