地球統治:国連の変革に向けて

地球統治:国連の変革に向けて

エマニュエル・パストリッチ

現在、私たちには絶望的な選択肢しかなく、これは偶然の出来事ではありません。

独占的メディア、銀行、そして億万長者にサービスを提供する広報やコンサルティング会社の間で交換されるお金、情報、写真、テキストの転送を通じて、世界はこれらの隠された力によって一つに引き寄せられています。しかも、この冷笑的な策略は人道主義のように見せかけています。

富と権力が少数の人々の手に集中するにつれて、世界は融合しつつあります。働く人々に与えられる情報はますます平凡で些細なものです。私たちが国際問題に対応したい場合、私たちはこれらの新しい力との協力を強いられ、これら「偽りの神々」、「自己任命の世界問題の領主」の前で頭を下げる必要があります。

すべてのお金をコントロールし、生きるために必要なすべてのものを生み出し、ソーシャルネットワークの投稿を通して、挑発的な画像に反応する本能的な動物に私たちを仕立て上げることで、私たちの心をもコントロールしようとする冷酷なグローバリズムに私たちは踏みにじられています。しかし、私たちに提示された反グローバリズムの代替案は、人種差別主義者、孤立主義者グループ、暴力や不穏なレトリックを使うグループで構成されています。これらのグループはますます強力になっていますが、真実には興味がありません。彼らは同様にミスリードする訴えを、欲求不満の労働者の感情に向けています。

これらのグループは、グローバルな制度の変革を望んでおらず、むしろ完全な解体を望んでいます。そのような行動は、グローバル企業にさらなる力を与えるだけです。彼らは気候変動や技術による社会支配に対する解決策を提供していません。ほとんどの場合、これらの脅威を完全に無視しています。

国連やWHO(世界保健機関)などの先見の明のある目標を掲げているグローバルな機関に相談することもできます。ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)憲章の偉大な序文を読んだ時、私は感動しました。「戦争は人の心の中で始まるので、平和の防衛は人の心の中に構築されなければならない。」

しかし、ユネスコのようなこれらの国際主義的機関は、彼らの高貴な過去のいくつかの断片を保持していますが、彼らは直接または間接的に企業からのお金の虜になっているので、彼らの優先順位は、偽の慈善の旗の下で彼ら自身の金儲けの議題を促進する億万長者によって決定されます。

この不可能な選択を考えると、グローバリゼーションに対応しようとする時間、教育、インセンティブを持っている私たちのほとんどは、どこに向かえば良いのかわかりません。多くは単にあきらめています。投資銀行はこの結果に満足できませんでした。

最近、ブラジルの右派大統領 Jair Bolsonaroによるアマゾンのジャングルの破壊は、文明を終わらせ、次世代に死と破壊をもたらす脅威となっています。すべての人類が共有する大気を浄化するジャングルにおいて、少数の人々のための短期的な利益を生み出そうとしている人たちによる火事が起きています。アマゾンが燃えるにつれて、私たちがいかに完全に無防備であるのかを思い知らされます。

国連は声明を出し、著名な知識人は社説を書き、NGOはブラジル大使館の前で抗議することができ、市民は請願書に署名することができますが、私たちは基本的に、私たちの未来を破壊する犯罪的な取り組みの前では無力です。

一部の人々は議論を通じてすべての問題を平和的に解決できるという考えに固執し過ぎており、実際の抵抗を想像することができません。私たちの生存のために彼らの協力が必要である時でさえ、彼らはまさに右翼的な思想にアレルギーがあるおかげで、右翼の考えから来る政権交代には習慣的に反対します。

しかし、草の根から発せられる政権交代を意識と勇気がある市民が提唱することは正当なことです。フランコのファシスト政権と戦うために1930年代にスペインに行った何千人もの献身的な若者を忘れないでください。当時の政権交代という言葉は恥ずかしい右翼の表現ではありませんでした。また、生存圏「Lebensraum」を求める冷酷な探査で大部分の人類を虐殺しようとするファシズム的な政府と戦うために、武器を使用することに戸惑いはありませんでした。

現在のグローバル企業が利益を求める冷酷な探求において、「全体主義的統治の脅威」と「生態系と人類の破壊」を間違えることはありません。私たちは「私たちの世界を変える」という差し迫った必要性を無視することはできません。そして、それは請願書に署名すること以上のものを必要とするでしょう。それは、投資銀行家や裕福な慈善家が自分たちを美化するためのツールとしてではなく、生態系の崩壊、軍国主義、そして富の大規模な集中の脅威に対処する手段として、「グローバルガバナンスの再発明」を必要とするでしょう。

科学者が世界戦争に相当する可能性のある地球上の生命への脅威であると説明しているにもかかわらず、G7、G20、国連、その他のグローバル組織がアマゾンの燃焼に完全に無力である理由は至って簡単です。

富の急進的な集中により、これらのグローバルな組織は、お金のある人々の遊戯具になりました。

そして、超富裕層は、お金とテクノロジーが私たちを大災害から救うことができると、どういうわけか彼ら自身を確信させました。この姿勢は、最近打ち上げられた 宇宙司令部「スペースコマンド」のスティーブン・L・クワスト中将が、「支配のための戦争を低軌道に、すべての人類の共有された遺産であるべき地域にもたらすでしょう。」と要約しています。クワスト曰く、

「人間が宇宙で生活し、繁栄する機会だけでなく、それが小惑星、病気、またはあらゆる種類の人命を脅かす災害のいずれであっても、地球に問題がある場合に行く場所を持つ機会の市場もあります。これは、我々は保護と安全の繭に長い間慣れてきて、恐竜から人類までを一掃できる周期的な小惑星と伝染病があるという事実を忘れてしまいました。私たちの視野が狭くて、その「歴史の広大なアーチ」が見えない場合は時々あります。そして、万一の場合に行くことができる聖域を持っていない限り、それについてあなたができることは何もありません。」

クワストは「気候変動」という言葉を使用していませんが、それが「地球の問題」によって彼が言及しているものであることは間違いありません。彼は、どういうわけか宇宙の支配が大災害を生き残ることを可能にするだろうという妄想的ファンタジーを売っています。この表面的で思慮のない戦略は、今日のグローバルガバナンスの破綻の典型であり、宇宙、北極と南極、そして企業の独占的な財産ではなく、共有されるべき海での軍事紛争に私たちを導いています。

私たちは世界中でイデオロギー的かつ体系的な崩壊に直面しています。少なくとも1942年に国連が設立されたときに直面したのと同じくらい危険であり、トランプとボルソナロがまだ何百万人も死の収容所に送っていない場合でも、彼らの気候への攻撃は、そして、彼らが化石燃料を受け入れることは、ナチスドイツの死の収容所よりも人類にとってはるかに致命的となるでしょう。

私たちには、すべてのリスクを覚悟して、私たちが世界を引き裂く闇の力と戦わなければならないと鼓舞する、この自殺的な消費主導、軍事主導の社会を超えた未来世界のビジョンが必要です。

国連は突然誕生したわけではありません。力とイデオロギーの闘争によって多くの国を乗っ取り、地球の大きな帯を歩き回り、人類の多くを破壊すると脅迫していたファシスト運動と戦うことが、その活動の中心でした。それは時代でした。つまり、私たち自身と違うわけではありません。

知識人と政治活動家の小さなグループは、全体主義と闘い、国際主義と平和を擁護するために地球の隅々で彼らの命を危険にさらしました。結局、彼らはロシア、中国、アメリカ、イギリス、そしてロンドン、ワシントン、上海の他の亡命政府と力を合わせました。そのプロセスには重大な妥協がありましたが、一緒になってファシストの敗北だけでなく、新しい形のグローバルガバナンスも計画しました。

ヨーロッパとアジアの路上でファシズムと戦った人々は、搾取システムの上にいて制度的権力を握っていた人々と短い期間一緒に活動しました。闘争を導いた人々の知恵と経験は、変化のための政府の政策に反映され、刺激的で限りなく実用的な真のグローバルガバナンスに特化した組織が設立されました。

「国際連合(国連)」は、1899年、1907年、および1914年のハーグ平和会議にさかのぼることができる、国際関係の新しいシステムを構築するための闘いから生まれました(最後の会議は第一次世界大戦の勃発によって中断されました)。これらの平和条約は国際法の原則を成文化し、軍縮のための世界的体制を提案し、実施し始め、戦争犯罪の処罰を含む外交、貿易、戦争の実施に関する人道法を公布しました。ハーグ平和条約の伝統は、今日のメディアでは完全に無視されていますが、 私たちが考える国際法の大部分はハーグ平和会議から出たものです。その伝統は、今日私たちが最も切実に必要としているものです。

ハーグ平和条約の提案は、第一次世界大戦の大災害の後、国際連盟でさらに発展し、グローバル企業が推進するグローバルガバナンスに対抗できる形のグローバルガバナンスに世界を近づけました。この努力は、1928年の戦争を禁じるケロッグブライアン協定で最高潮に達しました。

私たちがファシズムの台頭から知っているように、その努力は成功しませんでしたが、完全に失敗したわけでもありません。ヘーゲルスパイラルは上向きに続き、第二次世界大戦の混乱の真只中でさえ、国連は形を成し、世界中の知識人や活動家の小さなグループが真のガバナンスの新しいモデルを推進するために奮闘しました。

悲しいことに、アメリカは第二次世界大戦での勝利の後に自信で舞い上がり、大英帝国の略奪品を引き継ぐという誘惑から逃れられませんでした。

朝鮮戦争の終わりまでに、ロンドンと深いつながりのある金融エリートは、ファシズムに対する世界的な闘争を起こした米国人に対して勝利しました。その後、米国はソビエト連邦を世界平和のパートナーではなくライバルに変えました。冷戦が生まれ、国連が生まれましたが、死産でありました。

しかし、国連が冷戦の間にその完全な可能性を認識していなかったにしても、危機を回避し、扱いにくい地球規模の問題への解決策を提案する重要な役割を果たし続けました。

ロシアと中国の社会主義モデルに焦点を当てた政治経済の終焉は、階級と資本の問題に関する以前の反発が消えたため、国連の政策に関する言説を大きく歪めました。それでも、ジョージWブッシュ政権中に国連の予算が骨抜きにされた後でも、アメリカの政策がトランプ政権下の国際法からますます遠ざかっていたとしても、当然のことながら国連決議は無視されました。それでも国連は、地球の市民が正義と指導を訴えることができると感じている場所として重要であり続けました。

国連は、グローバル企業や億万長者から(直接的および間接的に)資金提供を受け、刺激がない仕事ぶりの退職官僚が駆け込み、元の軌道から離れて漂流し続けています。それでも他のどの機関も果たせない役割を演じることできるので、我々は常に国連に訴えるしかなく、時にはそれが良い倫理的政策を提案することもありました。

G7やIMF(国際通貨基金)などのグローバルガバナンスを支配する多くの秘密主義の利害関係のある機関とは対照的に、地球の市民に責任を負うグローバルガバナンス機関への要望は、国連が最も困難な状況を乗り越えさせるのに十分でした。しかし、米国はフランクリン・ルーズベルト大統領のもとでの国連に対する制度的コミットメントを取り戻すことはできませんでした。

この混乱の中で私たちはまだ、ポーランドにおけるナチス軍による数百万人の虐殺ほど恐ろしいものを目撃していません。

それにもかかわらず、すべての武器制限条約を放棄し、イラク、アフガニスタン、シリア、イエメンなどで侵略戦争を開始する(そして公然とイラン、ロシア、中国との戦争に備える)という米国の決定は、その規模(またはそれ以上)での衝突は十分に可能であることを示唆しています。 私たちは今また1942年に直面した以上の政治的およびイデオロギー上の危険に直面しています

右翼と企業の権力が世界的および国家的統治の完全な支配権を握った今、米国における武器制限政策の完全な崩壊は地獄の門が広く開いたことを意味します。現在、米国とロシアには、1945年に広島と長崎を破壊した核兵器よりも数千倍も強力な核兵器が数千個あります。

軍国主義の伝統を受け継いだクリスチャン原理主義者である米国の副大統領ジョン・ペンスによって作られた中国に対する戦争の脅威は、全面的な戦争はビデオゲームで試練するものだけではなく、アメリカの政策としてもかなり妥当的であることを示唆しています。トランプが気候変動の壊滅的な影響を恐れていないのに、核戦争を恐れていると思うのは馬鹿げています。

グローバルガバナンスの崩壊は、富の集中から切り離すことはできません。現在、主流のメディアであるFacebookまたはTwitter(特権のある教育を受けた家族以外の人々がアクセスできる唯一のメディア)で、気候、経済学、地政学に関する意見は主にジェフ・ベゾス、ビル・ゲイツ、マイケル・ブルームバーグのような億万長者、または彼らの宣伝担当者から来ていることがわかります。専門知識を持つ個人から、または公益に対する深い倫理的コミットメントを持つ個人からではありません。

「Wealth-X World Ultra Wealth Report 2018」は、255,810人の「超高純資産」(UHNW)の個人(資産が3,000万ドルを超える人)が現在31.5兆ドルを支配していると報告しています。この金額は、地球の人口の80%の約56億人が管理する総資産よりも多くなっています。これらのUHNWの富の増加は、2016年から2017年の間に16.3%増加しました。2018年の数値が発表されると、増加率はおそらくはるかに高くなります。今日のグローバルガバナンスにおいては決定権を持っているのは超富裕層であり、国連の官僚ではありません。

国連を「改革」するのではなく「変革」する

国内、地域、および国際機関の現在の制度的崩壊は、理論的または今後のことではありません。それは今ここにあります。かつて私たちを進歩へと導いてくれると信頼していた世界的な自由主義秩序は崩壊し、投資銀行家とその貧困層が悪質なファシスト部族と格闘する場所が残されました。

そして、それらのグループは誰が略奪品のどの部分を手に入れるかについては意見が分かれるかもしれませんが、アマゾンを焼き尽くし、中国とロシアとの戦争に備えるために協力しています。彼らは恐ろしく深刻であり、引き下がるつもりはなく、交渉するつもりもありません。

彼らが何をするつもりなのかを彼らに尋ねるのではなく、あなた自身で考えてみてください。

そのような危険で不安定な世界が私たちに要求するものは「グローバルな対応」にほかなりません。 「グローバルな対応 」とは、共有されたFacebookの投稿を指すのではなく、地球市民による協調的な国際的な組織的取り組みを指します。地球市民は少なくとも投資銀行家や私たちが反対している民族国家主義者と同様に強力に組織化されています。

この不安定な世界はまた、単一の最大の政治問題に対処するために、国連の限られた能力を超えた制度を形成することを要求しています。それは倫理的な知識人と市民グループの間のコラボレーションになります。私たちが直面している脅威の原因を合理的に科学的に分析し、国境に関係なく地球全体に対する大規模な対応の即時かつ効果的な実施を監視するグローバルシステムが必要です。

過去60年間、国連改革のための数多くの提案がなされてきました。ミレニアム開発目標のように、一部は部分的に実施されています。しかし、提案されたアイデアの大部分は腐敗し、国際連合およびそれを構成する国家は、グローバルな投資銀行および主に自身の利益に関係する他の既得権益により、ますます操られているためです。

時はすでに遅く、制度上の腐敗は深いのです。国連の仕事は各国の官僚への特典割り当てに退化して、あるいは政策立案プロセスの商業化と民営化のどちらを見ても、国連は 世界大戦を防止することも、富の集中を終わらせることも、地球の壊滅的な温暖化を減らすことも、重要な任務に立ち上がれなくなっています。

地球議会

現在の状況は非常に深刻なため、国連の断片的な改革のリストをまとめることはできません。私たちが必要としているのは、国連の機能を変え、国際連盟から国際連合への移行と同等のシフトとなる、段階的な調整ではない、大規模な構造変革の提案です。

私たちは国連を二院制の代表的な機関にし、一見したところ米国議会または英国議会と同じ構造にします。これにより、国連は国民国家として知られる古い機関を代表するのではなく、参与民主主義によって地球の市民を代表するようになります。つまり、国連は政府のように機能させる必要がありますが、同時に直接民主主義の機能を追加する必要があります。

そのような動きは国連に1942年に持っていた任務を復活させることでしょう。

現在の国連総会は、米国の上院に相当する参議院になるはずです。 「国連」の称号を維持できるこの参議院は、各国に単一の代表を提供します。ただし、現在の安全保障理事会は、地球全体の経済、安全保障、福祉、環境問題に取り組むために常設委員会および臨時委員会と協力して活動する国連のすべてのメンバーによって選出された議長に置き換える必要があります。

ただし、グローバルガバナンスの権限の大部分は、下院または「衆議院」に相当する新しい立法機関に移管する必要があります。

この議会はグローバルガバナンスの中心的な役割を果たすため、衆議院との類似性は限られています。 

この立法府は、以後「地球議会」と呼ばれ、地球レベルの市民のニーズと懸念を地域レベルで代表する手段として機能すると同時に、地球全体の政策の策定と実施のためのグローバルな機関として機能します。現在、投資銀行や多国籍企業およびそれらがサポートするコンサルティング会社によって独占され、腐敗した政治システムを通じて国民国家に強制しているグローバルガバナンス機能を地球議会が実行します。

地球議会は世界中の市民と直接関わり、地元住民の実際の懸念に対応し、彼らの利益を代表し、科学的かつ合理的な方法で地球規模の問題について知らせてくれます。地球議会は政策の策定のためのグローバルな対話を確立するので、生み出す政策は地球全体に結びつくでしょう。それは、現在のほとんどの国民国家よりも本質的にはるかに民主的であるため、抑圧的な世界政府になることはありません。さらに、地球議会は、地球のニーズの客観的な評価に基づいて、地球規模の行動に資金を提供します。それは、その目標を実行するために億万長者の気まぐれや企業の利益に依存することはありません。

地球議会は国際連盟と国際連合の伝統を利用しますが、新しい技術を最大限に活用することにより、市民間の対話、科学者間の共同研究、または政府間の地球規模の問題に関する協力をさらに進めていきます。地球議会は代表が集まる中央の建物を持たず、政策が中央集権的に策定されているとしても、むしろ、その会議場所が地球全体に分散されるでしょう。

地球議会は民主的なガバナンスに関係しているので、教育はその使命の重要な部分でなければなりません。世界中でガバナンスが衰退しているのは、腐敗した政治家のためだけではなく、私たちが依存しているメディアや教育機関の質が根本的に低下しているためでもあります。それ故に、地球のほとんどの市民は、仕掛けや流行に反応するのではなく、合理的な言説と客観的な分析に参加することが推奨されます。地球の市民は、政治的言説を困難にし、倫理的なガバナンスをほとんど不可能にする広範な反知性的攻撃の影響を受けます。

地球議会は、私たちが直面する重大な問題について学ぶ機会を世界中の市民に提供すると同時に、グローバルレベルでの政策の議論に反映されるローカルレベルでのガバナンスに参加する機会を提供する必要があります。このようなプロセスでは、政治的言説への参加を優先度の高いものにするために、地域経済において企業が推進する価値体系の抜本的な再構築が必要です。

地球議会は、市民が世界中の仲間と協力できるようにする戦略の策定を率先して行います。貿易はもはや、炭素排出量を大幅に増加させる方法で大企業が独占する商品の輸出入に限定されなくなります。むしろ、真に共有される経済が確立され、世界中のコミュニティが同様の関心を見つけ、独自のマイクロトレードと製造協同組合を調整して、現在の貿易と金融を支配している者への資本の集中に対抗する市民ベースのグローバル統合を形成することができます。このような取り組みは副次的なものではなく、グローバルガバナンスの将来の中心となるものでなければなりません。

地球の資源を破壊することで短期的な利益を得ようとする営利組織の行動は、地球議会によって厳しく規制されます。地域貢献のシステムによって資金を供給される地球議会は、現在の企業による資源の活用の影響を評価し、そのような行動を確実に止めることができるグローバル組織として機能しなければなりません。それは今日ブラジルで起こっている刑事訴訟で圧倒することができ、経済発展のための石油依存から永久に中東を引き離すための長期計画を作成することができるでしょう。

地球議会は、地球全体、海洋、北極圏と南極圏の人口、地球を巡回する大気と衛星およびその他の装置を代表して規制し、それを確実にするための透明で効果的な規制を設定します。インターネットは完全に再生可能エネルギーに基づいており、すべての人が利用でき、科学的方法に基づいたオープンな知的会話を促進します。

政策は、法律事務所、シンクタンク、透明性や説明責任を欠くコンサルティング会社によって作成されるのではなく、地球議会内で作成されます。地球議会は、地球全体の市民からの寄付(最終的には税金のように義務付けられる)によって資金が供給されます。それは、社会や地球の健康を考慮しない今日の利益に基づいたものに取って代わる世界を統治する制度を作ることを可能にするので、そのようなアプローチを採用するでしょう。地球議会は、利益を追求する組織からの疑わしい形のサポートを受け入れることを許可しません。

腐敗した政策を促進する大規模な資金を調達するよりも、予算を抑えて正確で客観的な決定を下せるようにする方が良いでしょう。

地球議会は、国連の主要な立法機関として、地球全体の人口に応じて代表を決定します。

おそらく、5000万人ごとに1人の代表を割り当てることができます(60億人に対して120人の代表)。代表の一部は地理的に決定する必要があります(アフリカや南アメリカなどの地域を代表するため)。同時に、地球の人口の重要な部分のグループを代表する地球議会のメンバーが必要です。そのようなグループは地方政府に直接代表を置く数が少ないのです。たとえば、極端な貧困者や障害者は、どの国でも大勢の人口を代表しているわけではありませんが、彼らの世界的な重要性を反映する代表者を付与する必要があります。このようなアプローチは、多国籍企業のグローバルな専制政治に対抗するためのグローバルな民主主義を提供します。

地球議会は、国境や特別な利益を気にすることなく、貴重な地球の長期的な利益を評価する責任があります。次に、現在の課題に対する長期的なソリューションを提案し、それらをグローバルな規模で実装します。

地球議会は、地球が直面する最も重要な問題に対する長期(最低30年)の解決策を進めるように主張し、象徴的なイメージだけではなく実際の解決策の必要性に左右されない気候変動や移民などの安全保障上の懸念についての思慮深く率直な議論を奨励します。

地球議会は長期的な政策をとっているので、太陽光発電や風力発電、その他の有機農業プロジェクトを地球市民が容易に手頃な価格で利用できるようにする長期的な資金調達をグローバルに提供します。

地球議会は、国連を麻痺させた国家間の経済的および政治的利益相反の短期的、個別の仲裁を超えて行動しなければなりません。むしろ、地球の長期的な生態に焦点を当てた統合的な方法で人類の未来を計画します。

瀕死の海を救う、危険な化学物質の排出を削減する、砂漠の拡大に対抗する、危険な武器の拡散を阻止するなどの問題は、富裕層の善意に依存している国や国際機関では対処できません。

地球議会にとって、安全保障は地球とその住民を保護することと定義されます。その住民は人間だけでなく、土着の動植物です。このグローバルガバナンスへの新しいアプローチでは、誰も海、空気、土地を所有していないこと、および「不動産」や採取などのすべての現代的な概念の権限が非常に制限されていることが基本的な前提です。地球議会は、漁業、空気と水を汚染する企業、土壌と自然の生息地の破壊を厳しく規制し、自然環境を回復するプロジェクトに焦点を当てます。

地球科学、環境、農業、技術の専門家と、一般市民や地方政府の代表と深く関わっているグループとの相互作用により、調査、客観的分析、建設的な提案、透明性の高いグローバルな実施という前向きな循環サイクルが生まれます。

グローバルガバナンスの未来

グローバルガバナンスの有意義な変革に関するこの提案には、理想的または非現実的なものは何もありません。

私たちはすでに、スーパーコンピューターの銀行を使用して短期的な利益を計算し、地域、国、国際レベルでの政策を通じて、力を行使して彼らの利益をサポートする投資銀行と主権国家資産ファンドによって管理されるグローバルガバナンスのための高度に統合されたシステムを持っています。

今日行われている通信技術の急速な進歩は、私たちが好むと好まざるとにかかわらず、私たちがそれを知っているかどうかにもかかわらず、国民国家を圧倒する形のグローバルガバナンスをすでに確立しています。 私たちの唯一の選択は、道徳哲学と優れたガバナンスの伝統を最大限に活用し、創造性と勤勉さを利用して、少数の短期的な利益ではなく、現在人類が直面している膨大な問題を長期的に解決する計画を立て、グローバルなガバナンスのためのより良いモデルを作成することです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: