福島原発事故から10年 今、何を思うかについて

福島原発事故から10年 今、何を思うかについて

アジアインスティチュート

THE ASIA INSTITUTE

ニュース

2021年 3月 11日

エマニュエル パストリッチ

Emanuel Pastreich

理事長

河中葉

研究員

福島第一原子力発電所の事故から10年経ち、今何を思うか? 世論は原発の存在をどうとらえているか? ・放射能による健康被害を実感するか? ・食べるもの、水などを意識して選んでいるか? ・人々はこの問題についてどういう意識を持って何をしているか? ・原発で被災した人々への差別はあるか? ・問題に直面した人々の認知的不協和を感じるか? ・これからのエネルギー政策に対する報道の内容にはどういう問題があるか? ・これから私たちは放射能汚染にどう向き合い、何をしていくべきか?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: