Monthly Archives: January 2023

パストリッチの新作 「コロナ祟りに惑う日本」出版のお知らせ 

 コロナ祟りに惑う日本

パストリッチ エマニュエル

Emanuel Pastreich

知日家のハーバード博士が、社会に蔓延る嘘の網を切り裂く

真実を述べる歴史的著作

日本文学専門家のパストリッチ博士は アメリカの代表的な知識人に相違ない。2020年、ワシントンDCにおいて外交と安全保障関連の活動を行ってきたが、共和党と民主党の腐敗した政治にはこれ以上期待できないと感じて、2020年2月に無所属の独立候補として米国大統領選挙に出馬した。

勇猛果敢に社会の腐敗に挑む彼が、今度はコロナパンデミックの本性、アメリカの崩壊、教育の退化、地球秩序の混乱などを正確に説明する本著を日本人に送る。

パストリッチ博士は1987年イエール大学において中国文学の学士号を取得し、1992年東京大学において比較文学の修士号、1997年ハーバード大学において東アジア文学の博士号を取得した。 イリノイ大学など

アメリカの一流大学で日本文学教授を長年務め、日本文化の研究をしながら、現在日本が直面している問題について数多くの文章を書いてきている。

2023年 2月出版予定

アジア・インスティチュート出版社

Rubicon: Not every Conspiracy is a Theory

Rubicon was

an extremely realistic suspense series from AMC that described the shadowy battles within Washington DC between factions in the military intelligence complex.

The series was broadcast for just thirteen episodes, from June 13, 2010 to October 17, 2010, and then unexpectedly terminated.

The marker for action, and assassination, was the clover leaf.

The clover leaf represents the fourth branch of government which beyond the executive, judicial and legislative, an unaccountable spider’s web woven from the military-intelligence complex.

The most famous quote concerning the four leaf clover and other signs is,

“Someone either didn’t expect the pattern to be caught, or wasn’t afraid if it was.”

The description for Rubicon given by Amazon is

“Inspired by the suspenseful, high-stakes political whodunits of the 1970s, RUBICON is a conspiracy thriller set in the New York–based government intelligence agency API, where nothing is what it seems. Faced with a shocking tragedy, beleaguered analyst Will Travers (James Badge Dale – The Pacific) begins to uncover clues that could point to a complex and sinister conspiracy.”

We are still waiting for the true story of what happened in the US after December, 2000 to be told. This series at least gives a few hints as to what happened, and is still happening.

New Year’s Greetings for 2023