국회간담회 “국가 미래 반절을 위한 “국가미래기본법” 발의 내용”

2019년 2월 19일

국회

국회 간담회

 “국가 미래 반절을 위한 “국가미래기본법” 발의 내용”

후원:

국제미래학회

국회 미래정책연구회

11:00-13:00

11:50-12:30

패널 토의 “국가 미래 발전을 위한 ‘국가미래기본법’ 제정의 필요성과 향후 과제”

좌장: 이남식 (국제미래학회 회장)

고문현 ( 한국헌법학회 회장)

양승우너 (한국4차산업혁명법률협회 회장)

박인동 (김&장 법부률사무소 변호사) 

문형남 (지속가능과학회 회장 )

이만열 (이사이인스티튜트 이사장 )

이민영 (KNS뉴스통신 부사장)

WSWS on the wall and “emergency powers”

Regarding the “emergency powers” issue, the WSWS presents a very solid analysis, in my opinion.

The content is not revolutionary so much as it is constitutionalist. The points are quite solid and they are ignored by much of the progressive media which is just as much swept up in the circus as anyone.

See the posting:

 “Trump to declare national emergency to build wall”

Especially note:



“House Speaker Nancy Pelosi, the top congressional Democrat, criticized Trump’s expected declaration, saying, “The president is doing an end run around Congress.” She said that Democrats were “reviewing our options,” which could include a congressional resolution of disapproval or a legal challenge.
At the same time, she was visibly ambivalent about the right of a president to assert emergency powers, suggesting that a Democratic president could make use of the same power on an issue like gun control. Noting the first anniversary of the massacre at Marjory Stoneman Douglas High School in Parkland, Florida, she continued, “That’s a national emergency. Why don’t you declare that emergency, Mr. President? I wish you would.”

WSWS points out, that just as the Democrats were not interested in who really won the election in Florida back in 2000, or what happened to the ballots cast by poor people. So also, the Democrats are not concerned about the destruction of the constitution. If anything, they are wondering whether a bit of constitutional remodeling might bring them also more power.

But I want to say something about WSWS.

This avowed revolutionary outfit describes itself in this manner

The World Socialist Web Site is published by the International Committee of the Fourth International, the leadership of the world socialist movement, the Fourth International founded by Leon Trotsky in 1938.

The WSWS aims to meet the need, felt widely today, for an intelligent appraisal of the problems of contemporary society. It addresses itself to the masses of people who are dissatisfied with the present state of social life, as well as its cynical and reactionary treatment by the establishment media.

Our web site provides a source of political perspective to those troubled by the monstrous level of social inequality, which has produced an ever-widening chasm between the wealthy few and the mass of the world’s people. As great events, from financial crises to eruptions of militarism and war, break up the present state of class relations, the WSWS will provide a political orientation for the growing ranks of working people thrown into struggle.

We anticipate enormous battles in every country against unemployment, low wages, austerity policies and violations of democratic rights. The World Socialist Web Site insists, however, that the success of these struggles is inseparable from the growth in the influence of a socialist political movement guided by a Marxist world outlook.

But having read many excellent articles at WSWS over the last ten years, I have to say that the writing really sounds like the work of CIA analysts. I am not saying it is a front, pushing propaganda. On most issues, they are as aggressive as anyone, but rather that we are looking at a source for insiders to spill their guts and use their skills for something more intellectual.

The actual text of the “Green New Deal” Is it an unconstitutional consolidation of power using the pretext of climate change which is not even focused on climate change?

DRAFT TEXT FOR PROPOSED ADDENDUM TO HOUSE RULES FOR 116TH CONGRESS OF THE UNITED STATES

Here is Naomi Wolf’s commentary about the formation of a committee of 15 people who are unaccountable and are not even required to focus on climate change

(a) Establishment of the Select Committee For A Green New Deal.—

(1) ESTABLISHMENT; COMPOSITION.—

(A) ESTABLISHMENT.—There is hereby established a Select Committee For A Green New Deal (hereinafter in this section referred to as the “select committee”).

(B) COMPOSITION.—The select committee shall be composed of 15 members appointed by the Speaker, of whom 6 may be appointed on the recommendation of the Minority Leader. The Speaker shall designate one member of the select committee as its chair. A vacancy in the membership of the select committee shall be filled in the same manner as the original appointment.

(2) JURISDICTION; FUNCTIONS.—

(A) LEGISLATIVE JURISDICTION.—

(i) The select committee shall have authority to develop a detailed national, industrial, economic mobilization plan (hereinafter in this section referred to as the “Plan for a Green New Deal” or the “Plan”) for the transition of the United States economy to become greenhouse gas emissions neutral and to significantly draw down greenhouse gases from the atmosphere and oceans and to promote economic and environmental justice and equality. In furtherance of the foregoing, the Plan shall: (a) be prepared in consultation with experts and leaders from business, labor, state and local governments, tribal nations, academia and broadly representative civil society groups and communities; (b) be driven by the federal government, in collaboration, co-creation and partnership with business, labor, state and local governments, tribal nations, research institutions and civil society groups and communities; (c) be executed in no longer than 10 years from the start of execution of such Plan; (d) provide opportunities for high income work, entrepreneurship and cooperative and public ownership; and (e) additionally, be responsive to, and in accordance with, the goals and guidelines relating to social, economic, racial, regional and gender-based justice and equality set forth in paragraph (6).

(ii) In addition to preparing the Plan as set forth in paragraph (2)(A)(i), the select committee shall prepare draft legislation for the enactment of the Plan (hereinafter in this section referred to as the “draft legislation”), in accordance with this section. Such draft legislation may be prepared concurrently with the development of the Plan, or as the select committee may otherwise deem appropriate, provided that such finalized draft legislation shall be completed in accordance with the timing set forth in paragraph (5)(B)(ii).

 (iii) The select committee shall not have legislative jurisdiction and shall have no authority to take legislative action on any bill or resolution, provided that the foregoing shall not affect the select committee’s ability to prepare draft legislation in accordance with paragraph (2)(A)(i) and (2)(A)(ii).

(B) INVESTIGATIVE JURISDICTION.—In  furtherance of the mandate set forth in paragraph (2)(A), the select committee shall have the authority to investigate, study, make findings, convene experts and leaders from industry, academia, local communities, labor, finance, technology and any other industry or group that the select committee deems to be a relevant resource. The select committee may, at its discretion and as its members may deem appropriate, hold public hearings in connection with any aspect of its investigative functions.

(3) PROCEDURE.—

(A) Except as specified in paragraph (2), the select committee shall have the authorities and responsibilities of, and shall be subject to the same limitations and restrictions as, a standing committee of the House, and shall be deemed a committee of the House for all purposes of law or rule.

(B)(i) Rules [to be confirmed by reference to overall House Rules package] (Organization of Committees) and [to be confirmed by reference to overall House Rules package] (Procedures of Committees and Unfinished Business) shall apply to the select committee where not inconsistent with this resolution.

(ii) Service on the select committee shall not count against the limitations on committee or subcommittee service in Rule [to be confirmed by reference to overall House Rules package] (Organization of Committees).

(4) FUNDING.—To enable the select committee to carry out the purposes of this section—

(A) The select committee may use the services of staff of the House and may, at its discretion and as its members may deem appropriate, use the services of external consultants or experts in furtherance of its mandate;

(B) The select committee shall be eligible for interim funding pursuant to clause [to be confirmed by reference to overall House Rules package] of Rule [to be confirmed by reference to overall House Rules package] (Interim Funding – Organization of Committees); and

(C) Without limiting the foregoing, the select committee may, at any time and from time to time during the course of its mandate, apply to the House for an additional, dedicated budget to carry out its mandate.

(5) INTERIM REPORTING; SUBMISSION OF THE PLAN FOR A GREEN NEW DEAL; SUBMISSION OF DRAFT LEGISLATION—

(A) The select committee may report to the House  or any House Committee it deems appropriate from time to time the results of its investigations and studies, together with such detailed findings and interim recommendations or proposed Plan or draft legislation (or portion thereof) as it may deem advisable.

(B) (i) The select committee shall complete the Plan for a Green New Deal by a date no later than January 1, 2020.

(ii) The select committee shall complete the finalized draft legislation by a date no later than the date that is 90 calendar days after the select committee has completed the Plan in accordance with paragraph (5)(B)(i) and, in any event, no later than March 1, 2020.

(iii) The select committee shall ensure and procure that the Plan and the draft legislation prepared in accordance with this section shall, upon completion in accordance with paragraphs (5)(B)(i) and (ii), be made available to the general public in widely accessible formats (including, without limitation, via at least one dedicated website and a print publication) by a date no later than 30 calendar days following the respective dates for completion set forth in paragraphs (5)(B)(i) and (ii).

(6) SCOPE OF THE PLAN FOR A GREEN NEW DEAL AND THE DRAFT LEGISLATION.—

(A) The Plan for a Green New Deal (and the draft legislation) shall be developed with the objective of reaching the following outcomes within the target window of 10 years from the start of execution of the Plan:

(B) The Plan for a Green New Deal (and the draft legislation) shall recognize that a national, industrial, economic mobilization of this scope and scale is a historic opportunity to virtually eliminate poverty in the United States and to make prosperity, wealth and economic security available to everyone participating in the transformation. In furtherance of the foregoing, the Plan (and the draft legislation) shall:

    1. including by ensuring that local implementation of the transition is led from the community level and by prioritizing solutions that end the harms faced by front-line communities from climate change and environmental pollution;

(C) The Plan for a Green New Deal (and the draft legislation) shall recognize that innovative public and other financing structures are a crucial component in achieving and furthering the goals and guidelines relating to social, economic, racial, regional and gender-based justice and equality and cooperative and public ownership set forth in paragraphs (2)(A)(i) and (6)(B). The Plan (and the draft legislation) shall, accordingly, ensure that the majority of financing of the Plan shall be accomplished by the federal government, using a combination of the Federal Reserve, a new public bank or system of regional and specialized public banks, public venture funds and such other vehicles or structures that the select committee deems appropriate, in order to ensure that interest and other investment returns generated from public investments  made in connection with the Plan will be returned to the treasury, reduce taxpayer burden and allow for more investment.


FREQUENTLY ASKED QUESTIONS

Why do we need a sweeping Green New Deal investment program? Why can’t we just rely on regulations and taxes alone, such as a carbon tax or an eventual ban on fossil fuels?  


Why should the government have a big role in driving and making any required investments? Why not just incentivize the private sector to invest through, for e.g., tax subsidies and such?

How will the government pay for these investments?

Why do we need a select committee? We already have committees with jurisdiction over the subject matter e.g. Energy and Commerce, Natural Resources and Science, Space and Technology.  Just creating another committee seems unnecessary.

Why should we not be satisfied with the same approach the  previous select committee used (i.e. the Select Committee on Energy Independence and Global Warming)? Why do we need a new approach?

Why does this new select committee need to prepare draft legislation?  Isn’t investigation, hearings, briefings and reporting enough?

What’s an example of a select committee with abilities to prepare legislation? Does the new Select Committee For A Green New Deal seem to fit on that list?

Doesn’t this select committee take away jurisdictional power from the other (standing i.e. permanent) committees that have jurisdiction over at least part of the issue?

But a select committee only exists for the congressional session that created it! So even if this select committee prepares legislation, it likely won’t get passed in this session by a Republican-held Senate and White House, so why does having a select committee now even matter?


What’s wrong with the other proposed legislation on climate change? Can’t we just pass one of the other climate bills that have been introduced in the past? Why prepare a whole new one?

 パストリッチ インタビュー 「島国に戻らないで」 東京新聞

2019年 2月 13日

「島国に戻らないで」

五味洋治

 米国生まれのエマニュエル・パストリッチさんは、韓国在住十一年。大学で教える一方、「韓国人だけが知らない別の大韓民国」という分析本を出版し、韓国でベストセラーになったこともある。

 中国文学を学んだ後、東京大学で上田秋成をはじめとする江戸文学の研究に没頭した。「韓国語より日本語の方が、楽に読み書きできます」と話すほど日本語がうまい。

 久しぶりにソウルで会ったパストリッチさんは、今度は、日本についての本を書いていると明かした。「大きく変化している東アジア情勢の中で、日本はもっと果たすべき役割がある」という切実な思いからだ。

 例として挙げたのが「気候変動への対応」。日本はこの分野での技術力が高い。また「自然と共生する日本人の知恵を、アジアの国々に伝えることも大切」と強調した。

 最近の日韓摩擦には、心を痛めている。

 自国中心主義が目立つ米国は今後、東アジアでの存在感が薄れていくと、パストリッチさんは予測する。

 だからこそ、「共通点の多い日韓は協力すべきだ。韓国にも問題はあるが、日本の人たちはどんどん内向きになって、『島国』に戻ろうとしているような印象を受けます」。

 本は五月ごろ出版予定だという。二つの国をよく知るパストリッチさんの苦言に、耳を傾けたい。

洪陵文化沙龙 “韩中关系展望” 中文研讨会

洪陵文化沙龙 18届中文研讨会邀请函                                                                                             

“韩中关系展望”

洪陵文化沙龙中文研讨会热诚邀您参加第十八届中文研讨会。由庆熙大学孔子学院、亚洲研究所、庆熙网络大学中国学系联合主办的洪陵文化沙龙中文研讨会每年举办4次,此届是2019年的第一届。本届研讨主题是“韩中关系展望”。大家可以发表对中国与美国的看法与想法,展望中美关系走向,进行主题发言及讨论。洪陵文化沙龙期待与君聚首思学,并共饮共餐!

主题:     韩中关系展望

时间:     2019228(周四) 1100 am 1030开始签到)

地点:     庆熙网络大学洪陵文化分馆(경희사이버대학교아카피스) 1楼会议室

서울특별시 동대문구 홍릉로 91/서울특별시 동대문구 청량리동 205-694.(地图与公共交通情况详见邀请函第2页)

具体流程:

主    持:李万烈(贝一明)(Director, The Asia Institute)

会议流程:

10:30 – 11:00  入场

11:00 – 12:30  研讨

12:30 – – –  共进午餐

联    络: 万延娇 (Professor, Kyung Hee Cyber University)                                           

Tel: 010-8013-9988 

「朝鮮半島の統一」についての小考 エマニュエル・パストリッチ

「朝鮮半島の統一」についての小考

2019年 2月 1日

エマニュエル・パストリッチ

今までの朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の将来についての議論は、以下の二者択一的な議論だけに終始して来た。つまり、一方で、北朝鮮との協力を拡大し、それによって投資、事業活動、輸送ネットワーク、電力網およびエネルギー協力を増大させることを好む人たちと、他方で、北朝鮮はまだ完全な非核化を達成できていないだけではなく、先進国とは異なり、民主主義と自由市場、国境の開放を容認していない全体主義国家であるため、国際社会の信頼を得ることができないと感じる人たちとの間の闘いである。この単純化した議論は昨年メディアを埋め尽くした。メディアが提示するものを超えた問題に関する市民の議論がほとんど崩壊状況であったために、このような議論がかなり幅を利かせていた。

もはや、韓国で1970年代や1980年代のように、仁寺洞の喫茶店に集まって禁書について議論していた反対派と学生を見つけることはできない。NGOの集まりの定期的な討論はもちろん、家庭で夕食を食べながら、学校で友達と、または喫茶店で、政策、環境、または国の将来について議論していた姿さえ消えてしまった。携帯電話を通して愉快で無害な情報を受信することが受動的な人々の日常となった。

マスコミが特定の政策を「進歩」または「保守」と規定すれば、大多数の人々は、メディアの判断をそのまま受け入れる。プリンストン大学シェルドン・ウォルリン(Sheldon Wolin)教授が「逆さまの全体主義(inverted totalitarianism)」と呼んでいるものとは、商業メディアや広告主の圧力などの隠された力によって、日常的な問題の言説が厳しく制限されている政治的な状況で、服従を強要する独裁者がいなくても、全体主義的システムが定着する。利益を追求する企業の力は、私たちの時代の最も重要な問題を自然に無視する風土を作り上げた。一例として、我々はもはや本を読まない。 10分以上集中できない人が多い。商業メディアは情報取得の場となり、ソーシャルメディアは猫とデザートの写真を提示したり、時折、商業メディアが作り出したイメージを披露するだけである。

韓国社会が共同の問題についての議論を失ったということは、私たちのメディアが、地域経済の崩壊、外資系投資銀行の過剰な影響力、気候変動とそれによる微細粉塵の災害、米国内の一部勢力が夢見る世界大戦などの深刻な問題を言及しないことを意味している。この限られた国内の議論は、南北関係の発展がどのように映し出され、統一は正確に何を意味し、統一をどのように導くかについて莫大な影響力を与えている。例えば、メディアが文在寅大統領とキム・ジョンウン委員長が抱擁する写真を見せてくれれば、南北がDMZ両側から武器を除去するために軍事的に協力したというニュースや、平壌の立派な建物が登場する場面などが肯定的に感じられるようになる。

内容自体はすべて肯定的である。ただし、これを説明する過程で、世界と断絶、閉鎖された封建 – 社会主義国家に生きなければならなかった北朝鮮の住民が今では消費社会の喜びを享受し、はるかに裕福な韓国の兄弟姉妹のように楽しみながら生きることができるようになることを暗に述べている。しかし、韓国も楽園ではない。韓国はかなりの社会的、文化的、経済的な力を持っているが、その中で多くの人々が深い疎外感を感じ、これにより高い自殺率、日常的な自己虐待と他人虐待を招いている。強欲な雇用システムも外せない。現在、韓国では若者たちが苦労して仕事を探すも、社会に奉仕し、高度な訓練を受けることが出来たり、真の人生の決定を下すことができる機会はおろか、コーヒーショップやコンビニで働くことになる場合が多い。生活のあらゆる側面が利益を追求するショーに変質し、人々はこれに疲れてしまった。

さらに、韓国と米国が北朝鮮を貧困と孤立から救うために提示する「民主主義と市場経済」は、全世界的に力を失っている。米国と日本、韓国、欧州で1930年代と1940年代の社会主義の挑戦に対抗して進化した修正資本主義は、さらに貪欲な形で、1990年代より1890年代に近い姿に後退した。今のフランスの葛藤を参考にすると、これらの矛盾がさらにはっきりと、韓国と他の国が今後経験する状況を垣間見ることができる。

今日、いわゆる「先進経済」では市場は小さな役割しか果たしていない。スーパーリッチ層が経済活動を独占して、その階層のメンバーであれば、いくらでもお金を借りて投資することができる経済的封建主義を確立した。一方、大多数の市民は非常に限られた高金利融資のみが許可されるだけである。メディアはこのように、民間銀行と資本が悪夢のような世界を作り出す過程を説明せず、政策決定の背後にある真の意思決定者が誰なのかも曖昧のままである。

マスコミが北朝鮮に導入される巨大な市場経済を語るまさにその瞬間、市場経済は、韓国、フランス、または米国で消滅している。ピーター・フィリップス(Peter Phillip)が熟考の研究を通じて発行した著書「ジャイアント:グローバルパワーエリート(Giants:The Global Power Elite)」で描写するように、スーパーリッチ層とその補助者は現在、お互いの株式を購入して、低金利のお金を貸すようにお互いを保護する彼らだけの社会を構成している。これに対し、一般人は低賃金の仕事であっても掴むために残酷な競争を続けなければならない。この搾取型システムは、「第4次産業革命」の産物である。第4次産業革命の時代には、(グローバル機関投資家の意志ではなく、ただ、天の意に沿って)技術により、労働者の地位が大きく脅かされるものと言われている。

次に、メディアがこのようにがむしゃらに対北包容政策と新たな協力の時代を報道する場合に、密かに隠している問題は何であろうか?何よりも私たちは、誰が何に、なぜお金を与え、それによって誰がどんな利益を得るのかなど、厄介な裏話は一つも聞けずにいる。韓国と北朝鮮の間に鉄道が置かれた場合、北朝鮮で韓国まで石油や天然ガスの輸送管が接続された場合、その輸送管とその石油は誰の所有なのか、石油をどのように売り、その収益金はどのように分配されるか、その輸送管を設置するために税金が使われる場合、納税者もその収益金を一定部分取り戻すことができるのかなど、私たちが知るのは当然である。

ところで、私たちは、企業がどのような契約を議論しているかどうか、または、韓国政府が北朝鮮とどのような交渉を進めているのかについて、それこそ無知である。今この時期には透明性が特に重要である。鉱山や工場が政府に属する政府主導型のシステムが、一介の企業や個人が鉱山などの資源の絶対的統制力を持つ資本主導型システムに変わる場合には、悲劇的な結果を生む可能性があるからである。例えば韓国と北朝鮮に大きな貧困、より大きな富の集中をもたらすかも知れない。いくつかの多国籍銀行、いくつかの政府系ファンドがどのような条件下で、北朝鮮に投資する可能性があるのかを知っていることが望ましいであろう。この投資家が合意を履行していない時に、北朝鮮や韓国の住民を保護する装置は何なのか、署名された(または署名する)契約を一般大衆に公開するかどうかなどを把握するのが良い。

北朝鮮に工場を建てる計画がある場合、次の質問をしてみなければならない。誰が工場にお金を出すのか、収益金は誰の元に行くのか、誰が工場を所有するのか、その工場の労働者が持つ権利は何であり、彼らは収益金のどの程度を受け取るのか、これらの労働者の健康を保護するために、または、環境に及ぼす植物の影響を評価するためにどのような手順を実行するのか? 北朝鮮は石炭、金、鉄、レアメタルを採掘することの環境への影響を評価する専門知識がないため、専門家やNGOが、これらの評価プロセスに必ず参加しなければならない。ところが、今、これらの機構は、北朝鮮訪問ビザすら受けることができない。

一方、韓国と日本、中国、米国はベトナムやミャンマーで起こったことに大きな関心を持たなかった。今後、北朝鮮も、ベトナム、ミャンマーと似たような前轍を踏む可能性がある。私たちは、企業がベトナムの国有化資産を開発した時に、普通のベトナムの人たちにどのような影響を及ぼすのかを考えなかった。これまでベトナムは繁栄して来たと聞いているが、これは正確な説明なのか?そして工業化は、ベトナムの環境や一般労働者にも肯定的な影響を及ぼしたのか?

私たちは通常、安く買って着たら捨ててしまう服、簡単に消費する格安プラスチック、ゴミ箱に捨ててしまう格安スマートフォン、スピーカー、サングラスなどの隠された環境破壊、労働者の被害、またはその他の長期的な費用についての議論はおろか、考えさえしない。正直に言うと、私たちは、この消費社会の中で、ものに隠された本当のコストを正しく判断することができなくなった。これこそ統一時代の深刻な問題である。

これから私たちは、北朝鮮を通して忘れていた現実に再び直面することになるであろう。北朝鮮に20〜30個の石炭火力発電所を建設すると、これは生態系の災害であると同時に、地球温暖化を煽るものであり、すでに危険なソウルの大気の状態を致命的なレベルまでにしてしまうであろう。北朝鮮が利益を追求するために新たに作る工場から出る汚染物質を適切に規制しない場合には、韓国はそのような汚染から自由でないばかりでなく、韓国の工場も北朝鮮の先例に従ってしまうことは明らかである。

北朝鮮のお粗末な賃金と粗末な環境保護は既に大気汚染に苦しむ韓国の中で急速に広がってしまうことを忘れてはならない。北朝鮮の労働者が団結権などの労働者の権利を全く享受できない場合には、韓国企業はこのモデルに沿って、韓国内の労働者を搾取することになる可能性が高い。つまり、私たちは、北朝鮮が市場を開放すれば、韓国のように自由で、幸せで、豊かになるという根拠のない信頼に陥っているが、現在の開発モデルでは、韓国人でさえ自由と幸福と富を失っているのが実状である。あるいは、投資銀行や企業が現在構想している北朝鮮の経済開発計画は、初めから北朝鮮の住民を支援するためのものではないのかも知れない。北朝鮮においても、モンゴルやベトナムの開発で行ったように、ただ収益を考えるだけで、人のための考慮は全くない計画を構想しているかも知れない。

富の集中は、統一の困難を解決するために私たちが考えるべき問題の中で、気候変動の次に重要な問題である。世界的に少数の人たちにだけ富が集中する現象が増加しており、特に韓国と中国でこのような現象が目立つ。この富の集中化は、法の支配を損ない、腐敗したメディアのパッケージの中に、スーパーリッチの贅沢、浪費、華やかさに憧れて強要する文化を創造してしまう。主流メディアの論調によると、北朝鮮は貧しく、南北の経済に大きな格差が存在する。一般的な経済用語に基づいてみると、紛れもない事実でもある。しかし、すでに韓国に定着した北朝鮮の人々の中には韓国生活における自己中心性、競争、他人に対する無関心などに耐えられず、北に戻ることを希望する人もいる。北朝鮮を訪問する多くの韓国人が商業化と競争する文化ではなく、芸術や体操、執筆の目的自体を大切にする文化に大きな感動を感じている。

より大きな問題がある。トマ・ピケティ(Thomas Piketty)が「21世紀の資本論(Capital in the Twenty-F​​irst Century)」で説明したように、少数の手に、より多くの富が集中されるようになると、朝鮮半島の分断は、貧しい北朝鮮と豊かに暮らす韓国との間の分断ではなく、韓国と北朝鮮の平凡な市民はより貧しくなり、ごく少数の選ばれた者だけがスーパーリッチになるという分断になる可能性が大きい。現在、韓国と北朝鮮の間に存在する巨大な格差を否定しようとするものではない。ただ、富の集中による経済的歪みがはるかに深刻であることを指摘したい。

このような傾向は、朝鮮半島は現在、別の問題を解決しなければならず、現状では北朝鮮で「漢江の奇跡」を再現する可能性がないことを示唆している。今後、物質的な発展よりも社会経済的な正義がより重要な問題になるであろう。

統一のための努力は、経済システムが一般人に与える悪影響についても、必ず意味のある回答を出すことができなければならない。現在の経済システムでは、全世界の貿易航路に沿って手頃な価格の物品運送システムが奨励され、大企業だけが唯一合理的な金融を享受することができるために、地域経済が脅かされている。大韓民国では開放経済の失敗で、町のお店、町工場、町の薬局、町のパン屋が廃業したのに対して、スターバックスとコンビニ、フランチャイズベーカリー、他の大企業が進出した事業が繁栄した。大企業は安価な金融を利用して数年間続く損失に耐えることができ、結果的に家族が経営する中小企業を追い出す。ところが、このようなフランチャイズで働く従業員は、長期雇用や適切な退職と健康保険を保障されない。従業員は、経営と金融の意思決定にどのような役割も果たすことができず、働いている支店を所有する権利もない。

一時どこにでも見ることができたが、今ますます破産の危機に追い込まれている小規模店にとっては大打撃だ。このような経済学を北朝鮮に導入するつもりであれば、北朝鮮はまだチャンスがある時に拒絶しなければならない。北朝鮮に最も重要な問題は、最終的には20年後または50年後に国家としてどのような姿になるのかであって、すぐにビデオゲームやK-Popアイドルを紹介して住民を熱狂させることではない。

「統一」とは何か?

統一の究極的な意味について混乱するのは、曖昧で誤解の余地があるように私たちの統一を1990年のドイツ統一と比較するためである。夜遅くまで焼酎を飲みながら外国人たちと話す時には、このおとぎ話のような比較が人気であるが、いつもお決まりの話になる。東ドイツは常に西ドイツの経済発展について行けなかったし、統一後に東ドイツの人々の生活が改善された結果、ドイツはさらに繁栄する大国になったというのがそれである。また、韓国もドイツのように統一から利益を得ることができるが、東と西ドイツの間の所得と産業発展の格差は北朝鮮と韓国ほど大きくなかったので、朝鮮半島の統一は、より長い時間にわたって進めなければならないというものだ。

南北の所得と産業発展の格差は長い統一の過程で、北朝鮮の労働者を安い賃金で搾取する韓国企業と多国籍企業の言い訳に利用されるであろう。しかし、北朝鮮の労働者が適切に報酬を受けず、専門知識を蓄積したり、賃金を節約していなければ、そのプロセスは、北朝鮮の住民たちを豊かにするより、すべての人の生活水準を落とす公算が大きい。北朝鮮の労働者が少ない給料をファストフードや携帯電話に使うのなら、彼らの生活はさらに悪化するだけである。

それでは、韓国は過去数十年間、どのようにして経済的繁栄を享受できるようになったのか?そうなるまでの過程は「漢江の奇跡」、その中でも「奇跡」という言葉に隠されている。韓国の繁栄は多くの相反する事柄の結果ではあるが「奇跡」ではない。韓国の経済成長は、部分的に朴正煕大統領の急激な工業化計画の結果であった。振り返ってみると、韓国が化石燃料や輸入農産物に大きく依存するようになった急速な工業化は、今はそれほど祝福のようには思えないが、彼の政策が効果的であったという点一つだけは認めなければならない。

朴正煕大統領は「満州開発モデル」を効果的に活用して開発速度を高め、すべての市民がまるで巨大な軍隊の一部であるかのように国家事業に参加するようにした。しかし、こんなに早く工業化を達成できた秘訣は、政府が外資系銀行や大企業から資本の管理を奪い、長期的発展モデルをイデオロギー的にコミットしている政府官僚の管理下に置いたことであった。当時、朴正煕政権は、国民の海外送金を全面的に制限し、国民が貯蓄を介して(政府キャンペーンでは貯蓄を奨励)政府主導の貯蓄計画に参加、開発に資金を出すようにした。また、韓国に流入される資本を政府が統制して、産業と技術の育成、インフラ開発、教育に集中するようにした。この方法は、現在、北朝鮮において計画されている形態の短期的な投機目的には向いていないであろう。

朴正煕のアプローチには、長所と短所が共存している。韓国政府と企業が北朝鮮の発展のために、そのようなモデルを考慮していないということだけは確かである。これまで、長期プロジェクトを通じて北朝鮮の教育レベルがどのように上がるのか、または北朝鮮の市民社会をどのように育成するのか、緑地をどのように構成するのかについてどのような話も聞けなかった。北朝鮮の次世代知識層を育てる必要性についても一言もなかった。韓国では既に知識人たちを使い捨てのように扱っているので、そのようになるのかも知れない。複合企業体が北朝鮮の発展について議論しているという事実自体が大きな利益相反である。結局、これら大企業はそもそも短期的な利益だけに集中するので、北朝鮮の将来を計画するにあたって何の役割も果たすことができない。北朝鮮の開発についての議論は、利益相反がなく、倫理的なガバナンスに専念することができる政府官僚や専門家に限定するのが正しい。

再び1990年のドイツ統一の話に戻ろう。相当の昔に、相当遠くで起きた出来事である。当時、西欧の経済体制と工業生産ははるかに広い富の分配をしていた。労働組合と政府の規制で、今日、私たちが(国内外で)目撃する労働者の搾取は不可能であった。共産党によって強制された経済チェックのために、富の集中を最近のように過激にはできなかった。資本主義の勝利として1990年のドイツの統一が評されたのは、むしろ官僚主義的社会主義に対して、しっかりとした社会福祉国家の強みを示したことに対するものであった。しかし、もし急進的または革命的社会主義に専念する反対派の絶え間ない圧力と批判がなければ、ドイツで(またはフランスとスカンジナビア半島から)そのような社会福祉国家が誕生していなかったのだ。つまり、1990年に勝利した資本主義は修正された、希釈された資本主義であった。

共産党からの批判がなくなったということは、今後30年間の世界が破壊的な形で展開することを意味していた。少数の人たちが資本を独占して市民に空虚な消費文化を強要する悪夢のような世界と、急激な気候変動の登場は無関係ではない。残念ながら、マスコミは消極的ながらも気候変動を報道しながら、それが遠い未来のことのように思わせた。科学の専門家たちが残り時間が少ないと叫ぶ中でもである。気候変動への対応は、統一政策の中心にならなければならない。しかし、韓国政府と企業は、北朝鮮において数十年は環境問題がないように開発を継続できると呑気な仮定をしている。これ自体が危険な詐欺だが、韓国や東南アジアでの石炭の使用を奨励することよりはマシである。

分断の朝鮮半島、特に北朝鮮が冷戦の最後の残滓ということも根拠のない信仰の一つである。北朝鮮は本当に、自由な開放市場、自由な意見交換、民主的なプロセスを通じた個人の潜在能力の実現を原動力とする新たな世界秩序の傍を彷徨う古い社会主義の最後の残滓なのか?今日パリの道の上でフランス政府と戦う人々は世界をそのように見ていないのは確実である。自然環境を破壊して、伝統的な農家を貧困に追い込む巨大企業型農業と戦う人々は西欧世界でパラダイスを発見できなかった。もちろん、北朝鮮が腐敗の沼に嵌って国民を抑圧し、あまりにも長い間、間違った道を歩んで来たのは事実である。しかし、私たちは、北朝鮮のこのような問題を解決する道が、シンクタンクを介して政府に政策を強要する無慈悲な多国籍銀行から出てこないことは分かっている。

朝鮮半島の悲劇的な分断の最も強力な象徴でもある非武装地帯、すなわちDMZを考えてみよ。年配の世代にDMZは、社会主義と資本主義の世界、国による経済的統制社会と民主的で自由な社会との間の悲痛な分裂を意味する。彼らにDMZは、ヨーロッパなどでは既に克服された個人の痛みと過去の分裂を称える記念碑である。DMZは、インターネットと共に国境が消える時代にも、過去30年間の自由貿易と自由観光によって世界が統合した今でも、奇妙な姿で残っている。より適切にDMZを表現することは出来ないであろう。

DMZを他の視点から眺めることは出来ないのであろうか?若い世代にDMZが何なのか聞いてみると、彼らはDMZを過去の残滓ではなく、むしろ来るべき何かの前兆であると言うかも知れない。すなわち資本と商品、スーパーリッチは自由にどこにでも行くことができるが、一般人の移動は制限される将来の前兆だと。

私たちは、パレスチナのガザ地区を囲んでいる壁、米国とメキシコの間にドナルド・トランプが建設中の巨大な壁でDMZの末裔に会うことができる。これらの壁は、貧しい者を遮断し、武力を使ってグローバル投資が引き起こした経済的葛藤を解決する。

私たちのすぐそばにも壁がある。裕福な人々が住んでいるゲートコミュニティを囲む壁、快適な生活を楽しんでいる人たちが自分たちと同じでない人たちと交わることを回避できるように積み上げる壁である。これは韓国だけでなく、私たちの社会のあらゆる場所の急進的な分裂が、偏狭な利害関係を共有するための小さな集団に細分化されていることを示唆している。

統一政策の隠された先例

統一プロジェクトをさらに深く掘り下げるために、統一計画を策定している韓国政府と企業の潜在意識の中に、正確にどのような統一モデルがあるのかを考えてみる必要がある。もちろん、彼らはドイツの統一を話すかも知れないが、ドイツの統一過程は、朝鮮半島の歴史や韓国人の本能的な反応とは距離が遠い。

朝鮮半島は過去にも、経済的、政治的、社会的統一を成し遂げたことがある。新羅や高麗時代にも統一されたが、時間上あまりに遠い過去であるため、韓国人の心に直接的な影響を与えなかった。ただし、影響はないとしても、韓国の人々の意識の中に隠されていること、韓国人たちが経済発展と統一についての考え方を形成したものは何であろうか?

比較的最近に大規模な経済的、政治的統一プロジェクトの先例があった。1936年、日本人の朝鮮総督によって締結された「第1次満州 – 朝鮮協力協定(第一次満朝協定)」である。この協定は、満州と朝鮮の両方の迅速な工業化と効果的な経済文化の統一のために「満州と朝鮮は一つ(満朝一如)」と呼ばれるビジョンに始動をかけた。1930年代後半の朝鮮の新聞は、朝鮮企業は安い満州労働力を活用して、満州の天然資源(石炭、鉱物、肥沃な土壌)を用いて迅速に富を生み出すことができる巨大な機会を得たと報道することに忙しかった。

2014年に朴槿恵前大統領(当時大統領)が北朝鮮との統一は「大当たり(bonanza)」としたとき、彼女が使用した「大当たり」という言葉がちょっと不思議に感じられた。事実、その言葉は1930年代に満州が提供した経済的機会を説明するために頻繁に用いられた「一攫千金」の表現を現代風に直訳したものである。朴前大統領が1930年代の朝鮮と満州の政治経済的統合を考えてそのような言葉を使ったのではなかっただろうが、朝鮮と満州が統合された過程を通じて、多くの朝鮮の家が今日まで続く富を得た。その言葉は微妙ではあるが明確な響きがあったのであろう。おそらく彼女の無意識の中にそのような概念が内在していたようだ。

朴前大統領は、自分の父である朴正煕元大統領から政治と経済を学び、父が野心的な若者として経済ブームに乗って満州に行って権力を得たことに注目したのである。19世紀の多くのアメリカ人が「Go West」という致命的な誘惑に駆られたように、1930年代の朝鮮人たちも、1930年代の満州という広い土地に走って行った。今韓国人たちに北朝鮮の開発がどのように写っているのか、そして1930年代満州の開発がどのように人々の心を引き付けたのかを見ると、驚くほどに類似している。

しかし、今回だけはあの悲劇的な道をたどる必要はない。私たちには自分の道を探して、搾取や大規模な資本投資に依存しなくても、朝鮮半島と北東アジアの新しい開発モデルを作ることができる能力がある。

統一は市民運動でなければならない。それは、資本家の収益を気にせず、個人の可能性を完全に実現できるようにする人々の間の取引でなければならない。統一は、市民がビジョンを表現し、それを実現できるように、文化と表現を活性化させる文化的運動でなければならない。それは、朝鮮半島の至る所から集まった若者が力を結集し、自分の権利を強化することができる社会を創造する若者の運動でなければならない。統一は、社会問題、環境問題、その他のすべての人が共有する問題に集中すると共に、軍国主義と巨大な権力競争から脱した平和運動でなければならない。

What is this “Green New Deal” of the Democratic Party?

Perhaps the most telling statement of Alexandria Ocasio-Cortez at her meeting with the media (February 7, 2019?) in front of the Capitol was this one:

“Climate change and our environmental challenges are one of the biggest existential threats to our way of life.”

Ocasio-Cortez’s comment represents the manner in which the Democratic Party can take a real issue and turn it into sawdust with its magic touch. To start with, adding “and our environmental challenges” to “climate change” significantly weakens the focus and suggests that there is but a spectrum from climate change, to lead in water to irregular garbage pickup by the sanitation department. So also the expression “one of the biggest existential threats” made the term “existential” seem like a colorful booster, such as those popular with PR firms, or lobbyists, to describe a topic you want to get tax dollars. It is the equivalent of “robust” or “critical” or “absolute must.”

Based on my own experience in DC, I am deeply suspicious that this bright and bold statement was in fact written by a lobbyist or PR firm.

That interpretation is further supported by her employment of the hopelessly banal expression “threats to our way of life” which makes it seem like there is nothing critical or existential at all about the problem, but rather that in the future we may have to pay more for gas, or for vegetables, or not be able to enjoy our weekends with the kids in the park.

Alexandria Ocasio-Cortez pushes for her borrowed “Green New Deal”

The Democrats have taken the concept and the content of “Green New Deal” from the Green Party without giving any credit to Jill Stein and her team. They talked about a broad coalition, but they did not invite any Greens, or other groups not related to the Democratic Party. I am a bit shocked at how many are willing to just accept this move and see it as a revolution in the Democratic Party. The Democratic Party is as closed as it ever was.

World Beyond War’s Global Security System

“朝鲜半岛光与影” 多维新闻

多维新闻

“朝鲜半岛光与影”

2019年 2月 6日

贝一明

这样的场景我不知见过多少次∶一位美国专家指着朝鲜半岛的夜景卫星照片,感叹说朝鲜笼罩在黑暗之中,而韩国和日本则灯火通明,这种鲜明的对比说明朝鲜闭关锁国、经济萧条,人民饱受压迫。显然,他认为韩国璀璨的灯光是进步、民主、科技发达和拥有自由市场的象征。

一边是进步与民主之光,一边是无知与专制之影——这种比较当然在美学上堪称完美,很能满足观众的想象;这种叙事经过巧妙的简化处理,可以毫不费力地被大众接受。

IDL TIFF file

在韩国,学者和政客进行政治辩论时,甚至没有对上述说法提出质疑。进步政坛人士表示,应当与朝鲜多多沟通,多投资建立开城工业园一类的设施,这样韩国在帮助朝鲜增加就业机会的同时,也能利用那里的廉价劳动力和丰富的自然资源来斩获收益。保守派则提出,朝鲜是专制国家,对韩国构成了军事威胁,不可信任。他们说朝鲜首先应当完全开放,与国际接轨,同时接受彻底的核设施审查。

然而上述双方的说法其实没有本质上的差别。他们都觉得韩国更为先进,未来的朝鲜应该以韩国为榜样,让民众看到本国GDP飙升、开上汽车、住上大房子、用上智能手机,让本土明星的足迹遍布全球。

当然,说朝鲜可以为他国树立榜样未免会被人嗤之以鼻∶那里环境的闭塞和政府的专制并非子虚乌有。

但是,身为一个在韩国生活了十二年的人,我还是不得不承认,韩国也有十分差劲的地方——尽管说这话时我有些犹豫。高自杀率、空气污染、残酷的校内竞争、深埋在年轻人心中的疏离感、对进口食物和进口燃料的极度依赖,以及在贫困线上挣扎的大批老年人口,都证明韩国已被包裹在密不透光的阴影之中。 我们应当牢记孔子的名言∶“不患寡而患不均,不患贫而患不安。”的确,与朝鲜相比,韩国的人民平均生活水平要高一大截,但其贫富差距问题也更加严重,且有愈演愈烈之势——这种经济矛盾可比生活水平低下危险得多。

在关于朝鲜与韩国的官方叙述中,有两个重要问题往往不见天日。在考察这两个国家时,我们应当立足于基本问题,循序渐进,而不是反其道而行之,站在空中楼阁里想入非非。

很多去过朝鲜的人对我说,当他们在那里小小的菜市场漫步时,在装修简单却整洁干净的旅馆中居住时,看到朴素而又含蓄的平壤人民时,都有种强烈的感觉∶有某种重要的东西在韩国失落了。

我这些韩国朋友还说,尽管朝鲜的女子也许不像韩国女性那样过着奢侈的生活,但她们也免于承担化妆、挑选品牌服装的麻烦和斗富的压力。

韩国人觉得平壤大街上的民众对待彼此彬彬有礼、亲切温和。他们中的许多人都想起了20世纪60、70年代的韩国,那时家人之间亲密温馨,同事、邻居同舟共济。现在的朝鲜,汽车没有得到普及,年轻人没有沉迷于手机,人们也不会受没完没了、旨在让厂商获利的广告怂恿、买上一堆自己不需要也不想要的东西。因此朝鲜的方方面面都在那些韩国人心中唤醒了一种失落已久的原生态文化。

然而完全埋葬在韩国媒体和我们关于朝鲜的讨论中的,还有一个更加重要的问题。

所有记者笔下的专家在谈论朝鲜时,其立足点都是经济增长、GDP、生活条件、生产和消费一类的事情。以他们的标准来看,朝鲜远远地落后于发达国家——尤其是韩国,无可救药。这意味着韩国可以用老大哥的身份来教朝鲜什么是“发达” ,什么叫“现代”。但是就其本质而言,“发达”“现代”这两个词都是主观的,是意识形态上的。在韩国,许多人认为资源的浪费性消耗无可厚非,值得倡导;认为住在面积更大、暖气开过头的房子里,拥有汽车和智能手机是一种进步。

可是他们的想法非但没有任何科学依据,而且就像“对月祈雨有效”和“用水蛭吸血可以治病”一样荒谬。

实际上,研究结果表明,上述以消费为中心的生活模式会对整个社会造成人际关系极为疏远、自杀率升高、物质滥用等深刻的破坏性问题。也就是说,关于“朝鲜应当变成什么样”和“韩国成功在哪里”的种种想法,是基于意识形态和对“现代化”的幻想提出的,是毫无道理的。其结果,是韩国家庭承担着巨大的压力,温馨和谐不复存在,韩国人却自认为走上了成功之路。

当我们用科学的方法审视朝鲜半岛的夜景时,得出的结论会与“专家们”的说法截然相反∶他们说的“光”,背后实际上是暗影一片,而他们口中的“影”,背后却蕴藏着光芒。

倘若各位专家以客观的科学分析,而非以意识形态、一己私利,或者似是而非的感觉为凭据,就会一致提出这样的观点∶人类面临着以全球变暖、气候变化等面貌出现的、史无前例的危机,按照目前环境恶化的速度来看,我们能躲过种族灭绝的灾祸就算是运气好了。

关于气候灾难性变化及其所导致的物种灭绝的报告和专著不计其数。在首尔,我们已经看到蚊子在十二月也能苟延残喘,花朵在一月份也能盛开,而这些只是那即将以排山倒海之势袭来、会威胁到人类生存的各种异变的开始。

如果我们坐视不理,海洋将会变暖,海水酸度将会上升,直至鱼类绝迹;沙漠将大肆蔓延,直至大片土地不适合生物存身,直至极度依赖食物进口和化石燃料密集型产品出口的韩国遭受灭顶之灾。

那么韩国要怎样做才能幸免于难?答案很清楚。在能源消耗和崇尚节俭方面,向朝鲜看齐;停止浪费能源,把黑暗还给夜晚——几万年来,夜晚与黑暗本就密不可分;熄灭公寓楼上没有实质用途的灯光,关掉商业楼上的电子广告牌,调小开得过大的供暖系统,新修建筑不再采用会造成浪费的高吊顶设计以及混凝土、玻璃和钢铁幕墙;回归本地历史中风行一时的朴素简约的传统。

韩国的夜晚本该是黑暗的。韩国民众必须清楚,要维持灯火通明的夜景代价不菲∶进口燃料的花费,化石燃料发电厂获得的补贴、造成的严重污染,愈演愈烈的、正在毁坏我们子孙未来的全球变暖问题,等等。

然而还有一个被隐藏在深渊之中的秘密。我们耳边一直回响着虚妄的咒语∶朝鲜需要发展,需要进步,而想要实现现代化、成为发达国家,想要独树一帜,想要跳出“发展中国家”的泥沼,就得消耗,大量地消耗。人们觉得实现现代化才是几代人首要的奋斗目标。然而,倘若以消耗大量化石燃料、浪费大量自然资源、毁坏生态系统、贻害子孙后代为代价,实现现代化的意义何在?

朝鲜的确存在许多严重问题,可是从气候变化的角度考虑,韩国应当效仿朝鲜的低消耗模式,而不是计划进一步加大资源投入,修建高速公路和豪宅。

也许很多人会觉得我的话很奇怪,甚至十分荒谬。他们觉得韩国的现代化程度和高消耗模式堪比荣誉勋章,是跻身于发达国家行列的标志。为何要把消耗水平作为衡量经济状况的主要指标之一呢?因为如果人们降低消耗(这最终意味着能源使用量的减少),经济增长率就会下降。

然而,倘若由气候变化导致的灭顶之灾即将降临,在此紧要关头,谁还会在意报纸上是如何讨论消耗问题的?到那时那些都是无稽之谈。我们必须即刻叫停化石燃料补贴。韩国彻夜不灭的盏盏灯火不是文明进步的代表,而是一场邪恶、危险游戏的象征。这场游戏叫做及时行乐,它牺牲的是我们子孙后代的未来。

同家人和朋友畅所欲言,读书,写信,撰文,林中漫步,表演,奏乐……这些事情具有无限的意义和深度,可以为人们提供无穷的精神与个人体验。做这些事几乎不需要消耗资源,而我们能够从中获得的,要远远超出我们在智能手机世界里、在灯火辉煌的星巴克咖啡店中、在一次性塑料玩具和纸杯的包围下所得到的——其实这些象征着高消耗的物件是忽略了我们的意愿,硬塞给我们的。

考虑统一后的朝鲜半岛的未来时,我们必须首先摆脱这一危险观念的桎梏∶实现现代化、成为发达国家才是重中之重。我们应当扪心自问,身为人类,意义何在?怎样才能过上富有意义的充实生活,怎样才能为社会做贡献?

我真真切切地盼望朝鲜人民能够过上更加自由的生活、能够吃到更富有营养的食物。但这种健康的食品在遍布韩国的便利店中是找不到的——这类便利店还拖垮了曾令众多民众实现经济独立的家族小店。

同时,我也希望韩国人民能够卸下将他们束缚在盲目消费和提升耗煤量(在这一点上,韩国几乎与其他所有国家背道而驰)陷阱中,以及导致亲友疏离的无休止残酷竞争文化之上的无形枷锁。

在为实现朝鲜半岛统一而努力的同时,我们必须使韩朝两国的人民都能享有自由。如果我们认为只有朝鲜人民才有权利弃置高物质消耗的枷锁、获得自由,这种想法未免有失公平。

The light and shadows of the Korean Peninsula  (Emanuel Pastreich)

The light and shadows of the Korean Peninsula

Emanuel Pastreich

February 1, 2019

How many times have I seen an American expert pointing to a satellite photo of the Korean Peninsula at night and remarking that the striking difference between the darkness the envelops North Korea and the bright lights that illuminate South Korea, as well as Japan, symbolizes the insularity, the oppressiveness and the pathetically backward economic state of the North. The obvious point is that the brightly lit South is a model of progress, of technology, of democracy and of free markets. 

This contrast between the light of progress and democracy and the darkness of dictatorship and ignorance has a certain aesthetic perfection that easily feeds the imagination of viewers; the narrative is intellectually predigested and it goes down smooth.

In the political debate in South Korea, this narrative is not seriously questioned in the media, among scholars, or among politicians. The progressive politicians argue that we should engage with North Korea and invest more in such projects as the Kaesong industrial complex so that North Koreans can find opportunities for employment and South Koreans can make profits from the cheap labor and abundant natural resources that North Korea offers. The conservatives argue that North Korea is a dictatorship and that it threatens South Korea militarily and cannot be trusted. They say that North Korea must first open itself up completely to the international business, and allow complete inspections of all its nuclear facilities.

But the assumptions made by the progressives and conservatives in South Korea do not differ fundamentally. Both are assuming that South Korea is more advanced and that a future North Korea should look more like South Korea where citizens enjoy a far greater GDP, drive cars, live in spacious houses with televisions and smartphone and produce K Pop hits that sell around the world.

Of course, it would be ludicrous to make an argument that North Korea is a model for others. The closed environment and the repressiveness of the government is no myth.

But as someone who has lived in South Korea for twelve years, I have been forced to admit, despite my hesitancy, that there is something seriously wrong here too. Whether it is the high suicide rates, the polluted air, the ruthless competition in schools, the deep alienation felt by young people, the extraordinary dependence on imported food and imported fuel or the tremendous numbers of the elderly who live in poverty, there are deep, deep shadows that cross all of South Korea.

There are two important points that are often buried in the shadows in the official narrative about North and South Korea. We need to look at North and South Korea from the ground up, not from high up in space.    

I have heard from numerous South Koreans who had the opportunity to visit North Korea that they had a strong sense that something vital had been lost in South Korea when they walked through the small vegetable markets in North Korea, observed the modest décor in the clean-scrubbed hotels and encountered the unadorned and unpretentious behavior of the citizens of Pyongyang.  

Such South Korean friends noted that women in North Korea, although they may not have the luxuries of the South, are also not under the same pressure to wear makeup and to compete with each other in consumption. There is not the demand for brand clothing.

South Koreans detect decency in the manner in which people treat each other on the street in Pyongyang. Many are reminded of the Korea of the 1960s and 1970s when there were far closer relations in South Korea between family members, and between members of the community. For that matter, the absence of automobiles, of youth addicted to cell phones, of endless advertising that drives people to buy things that they do not need or want for the sake of profit—all these aspects of North Korea evoke an original Korean culture that has been lost.

But there is an even more important issue that has been completely buried in the media of South Korea, and in our discussions about North Korea.

All the discussion by “experts” by journalists, about North Korea is based on issues involving economic growth, GDP, standard of living, production and consumption. According to these standards, North Korea is helplessly far behind advanced nations, and South Korea in particular. That means that South Korea can be the big brother and teach the North Koreans how to be “advanced” and “modern.” But all those terms are subjective and ideological in nature. The assumption made in South Korea is that wasteful consumption of resources is a positive and that it should be actively encouraged. It is assumed that it is progress to live in bigger, overheated homes and to own automobiles and smartphones.

But there is no scientific evidence, whatsoever, that underlies these assumptions. They are as accurate as saying that praying to the moon will bring rain or using leeches to drain blood will cure the diseases.  

In fact, research shows that such behavior patterns focused on consumption can have profoundly destructive effects on society as a whole including deep alienation and increased levels of suicide and substance abuse. That is to say that the assumptions about what North Korea should become, and what South Korea has been successful at, are based on ideology, on unfounded assumptions and on a myth of modernity. The result is that South Koreans are convinced that they are successful even as profound stress and frustration sweep through families.

When we approach this image of the Korean Peninsula at night using a scientific approach, this image tells a profoundly different story; the lights and shadows are completely reversed.

The overwhelming opinion among experts based on objective scientific analysis, not based on ideology, or profit, or warm fuzzy feelings, is that humanity faces an unprecedented crisis in the form of global warming (climate change) and that at the current rate we will be lucky if we manage to avoid extinction as a species.

There are numerous reports and books on the catastrophic changes in our climate, and the resulting extinctions taking place already. We can already see in Seoul that mosquitos manage now to survive until December, and often flowers are found blooming into January. That is just the beginning of what will be rapid, life threating changes.

If we let things progress as this rate, the oceans will warm, and grow acidic until fish are extinct, deserts will spread until much of Earth is uninhabitable and South Korea, hopelessly dependent on imported food and on the export of fossil-fuel intensive products, will be devastated

So what should South Korea do if it wants to survive? The answer is quite clear. It should start looking more like North Korea in terms of energy consumption and frugality. It should stop wasting energy and be dark at night, the way it has been for tens of thousands of years. It should get rid of all the useless lights on apartment buildings, end those electrified signs on commercial buildings, reduce dramatically unnecessary internal heating and end the wasteful design of high ceilings and concrete, glass and steel exteriors found in its buildings. It should go back to the traditions of frugality and simplicity that characterize much of its history.

South Korea should be dark at night. Its citizens must be aware of the tremendous cost of keeping its cities illuminated, in terms of the expense of importing fuel, in terms of the terrible pollution generated by subsidized fossil-fuel power plants, in terms of increasing global warming that is destroying the future for our children.

But there is a deeper, hidden secret. We have been fed a myth that Korea must grow, must advance, must consume and consume more to be modern, to be advanced, to be recognized as being special, as opposed to the unwashed masses of “developing countries.” Becoming modern has been assumed to be the highest priority for generations. But what is modern if consuming fossil fuels and wasting natural resources is destroying our ecosystem and damning our children?

The numerous problems that exist in North Korea are quite serious, but from the perspective of climate change, South Korea should be benchmarking North Korea’s low-consumption, rather than planning to vastly increase consumption and build highways and expensive wasteful apartments.

Many people may find that my words sound odd, even nonsensical. It is so obvious to many that South Korea’s modernity and its high level of consumption is a badge of honor, a sign that it is a member of advanced nations. Consumption considered as a major factor in calculating the state of the economy? If people consume less (and that means consuming less energy) then the growth rate will go down.  

But if we are facing extinction because climate change, who cares what stupid things the newspapers tell us about consumption? We must stop subsidizing fossil fuels immediately. Those numerous lights that burn all night in South Korea do not represent cultural advancement, but rather a dark and dangerous game of living for the moment by sacrificing the futures of our children.

There are infinite meaning and depth, spiritual and personal experience, to be derived from talking with family and friends, from reading books, writing letters and essays, walking in the woods or putting on plays and musical performances for each other. It requires almost no and does far more for us than a jungle of smartphones, lit up Starbucks Cafes, or throw-away plastic toys and cups that we are given, whether we want them or not.

As we think about the future of a unified Korean Peninsula, we must first move beyond this dangerous concept that being modern and advanced is a priority. We should ask ourselves rather what does it mean to be human? How do we live a meaningful and fulfilling life and contribute to society?

I do hope that North Koreans can live in a freer way than they do today and that they can eat more nutritious food. Yet they will not find any nutritious food in the convenience stores that have taken over South Korea and destroyed the family-owned stores that once gave citizens economic independence.

But I also hope that South Koreans can be set free also from the invisible chains that bind them to mindless consumption, that force them to consume increasing amounts of coal (heading in the opposite direction of almost every country in the world) and that leave so many feeling deeply alienated from friends and from family because of a brutal culture of endless competition.

The move toward unification must be about freedom for North Koreans and South Koreans. How unfair it would be if we assumed that only North Koreans are entitled to be free.