Category Archives: 日本語

「武器よさらば」京都座談会 7月 15日6時

「武器よさらば」


エマニュエル・パストリッチさんとの座談会

時:2019年7月15日(月 )18時-20時
所:市民環境研究所
京都市左京区田中里ノ前21石川ビル305
075-711-4832

第6回左京フォーラム(2016年3月5日)で講演されたエマニュエル・パストリッチさんが「武器よさらば(地球温暖化の危機と憲法九条)」を7月25日に出版されます。(https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784862493712)。
それに先立ち、パストリッチさんとの座談会を開催します。東アジアの政治、地球温暖化、憲法九条という、我々に密接にかかわる問題を国際的な見地から日本語で論じます。

パストリッチさんの略歴:1964年にアメリカで生まれ、イエール大学、台湾国立大学、ソウル大学、東京大学、ハーバード大学などで学び、イリノイ大学、慶熙大学などで教員をし、現在は技術の社会に対する影響を研究する韓国のシンクタンク「アジアンインスティテュート」理事長、国際脳教育総合大学の副総長。東アジア古典文学および現代国際関係、科学技術[に関連した政策提案をしている。詳細は「https://ja.wikipedia.org/wiki/エマニュエル・パストリッチ

参加登録は下記の自動登録でお願いします。または松久まで。会場の都合で、最大20名です。

http://confreg.ate-mahoroba.jp/confreg?conf_idstr=UXwfzeXV1QZpdRYYDC6IydWx1055https://circlesandsquares.asia/2019/07/01/%e3%80%8c%e6%ad%a6%e5%99%a8%e3%82%88%e3%81%95%e3%82%89%e3%81%b0%e3%80%8d%e5%85%ac%e6%bc%94%ef%bc%a0%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%80%802019%e5%b9%b47%e6%9c%8815%e6%97%a5%e3%80%8018%e6%99%82%e3%80%80/

公演:「武器よさらば」2019年 7月 19日

公演:「武器よさらば;地球温暖化の危機と憲法九条」

エマニュエル・パストリッチ

(Emanuel Pastreich)

アジアインスティチュート 所長

2019 7 19日(金曜日)18:00 20:00

東洋大学、白山キャンパス、スカイホール(2号館16階)

東京都文京区白山52820(白山駅)

協賛: Extinction Rebellion Japan, The Asia Institute   

現在、アメリカのイラン攻撃により、世界大戦が始まる恐れが高まっていると懸念する政治学者は少なくない。また、軍事主義が染み込んでいるアメリカは日本に莫大な予算の武器購入を要求している。しかし、気候変動の驚くべき進み方を十分把握すれば、これから日本人が生き残るためには、すべての知恵、技術、そして財政を気候変動に適応させる必要があることが分かるはずである。危機が迫ってきている今、アメリカ出身の学者で長い歳月を経て日本古典文学を研究してきたエマニュエル・パストリッチ (Emanuel Pastreich) 教授によれば、日本が孕んでいる深刻な矛盾を指摘し、政治家が足かせとみなしている「平和憲法」にその解決を見つけている。そして、かえってアメリカが日本に倣って、いち早く「平和憲法」を導入すべきであるという。エマニュエル・パストリッチ (Emanuel Pastreich) 氏は   アジアインスティチュート (The Asia Institute) の所長として、日本、韓国、中国とベトナムで国際平和と地球環境のための国際協力を推進してきた学者である。東京大学の比較文学研究室で修士号を、ハーバード大学で博士号を取得して、アメリカと韓国において東アジアの比較文学の教授として教鞭をとってきた。

朝鮮半島の光と影

  朝鮮半島の光と影

エマニュエル・パストリッチ

2019年 2月 25日

Circles and Squares

IDL TIFF file

朝鮮半島の衛星写真を見ると北朝鮮の夜は暗い。一方、日本や韓国の夜は人工光で明るく照らされている。アメリカの多くの専門家らはこの様な違いについて、北朝鮮が開発途上国であるからだと主張する。これは即ち、北朝鮮の偏っていて抑圧的で、哀れむほど立ち遅れた体制の結果だと言うのである。明らかな点は、明るく照らされた韓国は発展、先端技術、民主主義そして自由市場のモデルであるということです。韓国は発展と民主主義の光を得たところであり、北朝鮮は独裁や無知の暗闇に満ちたところという説明は、朝鮮半島の衛星写真を見る世界の人々の頭の中に自然と吸収され、美的にも完璧な写真であるかのように記録されている。

朝鮮半島の衛星写真に関するこの様な態度は、韓国の政治家や学者、言論人の間でも革新と保守に関わらず大きな差は無いように感じる。韓国の革新派の政治家たちは、北朝鮮との協力を通して開城工業団地のようなプロジェクトに対し更なる投資を行い、北朝鮮の住民たちに雇用の機会を提供するべきだと主張している。また、韓国は北朝鮮の安価な労働力と豊富な天然資源などで利益を得るべきだと主張している。更に、韓国の保守派は、北朝鮮は独裁国家であり韓国を武力によって脅かしている為、信頼できないと主張している。彼らは、北朝鮮がまず国際社会に完全に門戸を開放し、全ての核施設に対する完全な査察を受け入れるべきだと言う。

韓国の革新派と保守派の想定は根本的に違わない。両者とも、韓国は更に発展を遂げ、その増え続ける国内総生産(GDP)の恩恵を北朝鮮も享受しながら、自動車に乗り、テレビやスマートフォンを持ち、広い家に住んで世界的にヒットしたK-popを制作するべきだとしている。現在のように閉鎖的で抑圧的な北朝鮮の政府が理想モデルだと主張していることには呆れるが、それと同時に北朝鮮が韓国のように変わるべきだという主張に対して、私は安易に同意することは出来ない。何故なら私は12年間、韓国に住みながら韓国の深刻な問題を目撃してきた為だ。

高い自殺率、汚染された空気、学校での容赦ない競争、若者たちが感じる疎外感、輸入食品や輸入燃料への過度な依存、そしておびただしい数の貧困高齢者のような問題は、韓国全域に深い影を落としている。これは、朝鮮半島の衛星写真では写すことの出来なかった韓国の姿である。

韓国と北朝鮮について話す時、朝鮮半島を人工衛星のように高い所からではなく底辺から徹底して観る必要がある。私は北朝鮮を訪問したことのある多くの韓国人から平壌で暮らす市民の姿を見た時の印象を聞いた。平壌の小さな野菜市場やホテルの素朴な造りを見た韓国の人々は、そこから飾り気の無さを感じ、韓国では既に消えてしまった何か大切なものがそこには残っていると感じたという。北朝鮮の女性たちは、韓国のような贅沢は出来なくても、化粧をしたり、消費競争のプレッシャーを感じているようには見えなかったと言う。平壌ではブランド衣類への需要が無い。携帯電話中毒の青少年たち、必要もないものを見せつけて買わせる多くの広告も平壌には無い。その代わり北朝鮮には1960年から70年代まで韓国に存在した韓国社会の様々な文化、例えば人と人の絆の様なものが残っているように思えた。

北朝鮮について議論する時、韓国のメディアや専門家らが見逃している重大な問題が更にある。メディアでいわゆる「専門家」によって行われている北朝鮮関連の全ての議論は、経済成長、国内総生産(GDP)、生活水準、生産など、基本的に消費関連の問題について言及している。この様な基準で見ると北朝鮮は、先進国、特に韓国と比べると非常に立ち遅れている。つまり韓国は北朝鮮が「現代の先進国」になる方法を教える兄になれると言う事を意味する。しかし、この様な全ての用語は本質的にイデオロギー的で主観的である。韓国でのこの様な思い込みは、資源を浪費することが肯定的で積極的に奨励されるべきだという考えに基づいている。また更に、大きくて必要以上に暖房が効いている家に住み、自動車やスマートフォンを所有することが発展だとしている。

しかしこの思い込みの根幹となる科学的な根拠は全くない。それらは月に祈れば雨が降る、またはヒルを使って血を吸えば重い病が治ると言うことくらい空虚な話である。

実際に研究結果を見ると、消費に焦点を合わせた行動パターンは深い疎外感や自殺率、薬物乱用の増加を含む社会全般に渡る深刻で破壊的な影響を及ぼすとされている。即ち北朝鮮が進むべき方向と韓国が成功を収めたことに対する仮説は、イデオロギーや根拠のないものや近代的な神話に基づいている。それに伴う結果として韓国の人々は、そのような仮説によって挫折感や過度なストレスを感じているにも関わらず、自分たちが成功したと確信している。

朝鮮半島の夜を写した衛星写真は、実際には朝鮮半島の光と影が完全に伏せられた状態の全く異なる別の姿を説明している。イデオロギーに支配された感情を無くし、客観的で科学的な分析を重視する専門家らの間では、人類が地球温暖化(気候変動)により前例のない危機に直面していると警鐘を鳴らす。現在の地球温暖化の速度を踏まえると、地球の生命体の滅亡を避けられないと言う意見が根強い。

気候変動による災いやその結果によって既に一部では滅亡が始まっていると言う多くの報告書や書籍が出ており、それは朝鮮半島も例外ではない。現在、ソウルでは12月まで蚊が生存し、また1月には花が咲いているのを我々は目の当たりにしている。この様な現象は急速に進んでおり、今後、韓(朝鮮)民族の生活を脅かしかねない。

気候変動がこの様な速度で進んでいるのを放置する場合、魚介類が滅亡するほど朝鮮半島の沖合の海水温度が上がり酸性化し、砂漠が拡大するだろう。輸入食品と化石燃料製品の輸出依存度が高い韓国は、絶望的な状況に陥るだろう。

それでは、統一朝鮮半島はどのような選択をするべきだろうか。答えは明確である。エネルギー消費や節約面において北朝鮮に定着している方法を模索する必要がある。

人類は数万年の間、夜は暗くなくてはならず、エネルギー消費を減らす生活方法を維持してきた。その様な方法に基づきマンションなど建物の不必要な照明は無くし、ネオンサインのような商業用の建物の電気掲示板を使用せず、内部の暖房を大きく減らす一方、高い天井やコンクリート、ガラスや鋼鉄、外観などの建物の無駄なデザインを中断すべきである。それを通じて長い間、韓国歴史で維持されてきた質素でシンプルな伝統に戻らなければならない。

韓国の夜は、もっと暗くなるべきだ。韓国の都市を照らすためには政府の補助金が支給されている化石燃料の使用が大きな役割を果している。これは、恐ろしい大気汚染や過渡の燃料輸入費用を発生させる一方、私たちの子どもたちの未来を脅かす地球温暖化を進めるなど、莫大な費用が掛かると言う事を認識しなければならない。

しかし、より深くて隠された秘密がある。これまで韓国は多くの「開発途上国」とは違い、近代化と発展を成し遂げ特別だと認められるためには、更なる消費を通じて成長し続け発展しなければならないという神話に洗脳されてきた。そのため、数代にわたって近代化が最優先順位として考えられてきた。しかし、化石燃料を消費し天然資源を浪費することが、生態系を破壊し子どもたちを苦しめているとしたら、その近代化というのは一体何であろうか。

北朝鮮には、かなり深刻な多くの課題があるが、気候変動に対処する解決策と言う面で見る時、韓国は北朝鮮の「低い消費」をベンチマーキングする必要がある。私の話が可笑しく、途方もない話にすら聞こえるかもしれない。

しかし気候変動によって滅亡の危機に晒されるとしたら、この様な経済成長の数値に何の意味があると言うのだろう。韓国で夜通し灯を灯す多くの電灯は、発展を象徴するのではなく我々の子どもたちが将来使うべき電力を奪う犯罪であり、闇に満ちた偽善的な光に他ならない。韓国政府は、化石燃料の補助金支給を直ちに中断すべきである。

考えてみよう。今より少し暗い夜を過ごしながら家族や友人たちと会話を楽しんだり、読書したり、手紙やエッセイを書いて森を歩いたりしながら過ごすことは出来ないのだろうか。日常生活の中で演劇や音楽公演をしながら無限に広がる深い意味を見出し、スピリチュアルな経験をすることも出来る。スマートフォンのジャングルとスターバックスという檻で使用するプラスチック製のコップを無くすことが出来るならば、韓国の市民は遥かに豊かな生活を発見することが出来るはずだ。その様な生活の在り方に関するヒントは、もしかすると反対に北朝鮮の暗闇の夜景社会から見出すことが出来るかもしれない。

統一朝鮮半島の未来について考える時、近代的で発展したものだけが最高だという危険な考えから打破する必要がある。我々は、人になるという事が何を意味するのか自問するべきである。どのように意味があり充実した生活を送りながら社会に貢献することが出来るだろうか。

私は北朝鮮の住民が今より自由に生活し、今より栄養のある食べ物が食べられることを願っている。

しかし、一時、市民たちに経済的な独立性を享受させた家族経営の店を潰しながら支配してきた韓国式コンビニでは、消費主義が染み付いた食べ物ばかりを供給するだろう。未来の子どもたちが享受すべき豊かさから奪い去ったものを消費して暮らすことが統一朝鮮半島の理想的な食卓の風景だと言えるのだろうか。

それと同時に私は、韓国の人々が分別なく消費するよう束縛し(世界中のほとんどの国家とは反対に)石炭の消費を増やすよう強調してきた見えない鎖から解放されることによって、終わりなき競争を強制する残酷な文化によって友人や家族から疎外感を強く感じる現象が無くなることを願っている。

自由は、政治体制だけに留まった用語であってはならない。スマートフォンを所有するという自由を得た代わりに、スマートフォンなしに暮らせない物質の奴隷の様に転落したのが韓国人だ。韓国の市民たちが北朝鮮の人たちと比べて自由だと誰が言えるだろうか。

統一に向かう動きは、韓国と北朝鮮の全ての人々の自由に関するものでなければならない。北朝鮮の人々だけが質的な生活の自由を享受する資格があるとするならば、それはなんて不公平な事なのだろうか。

「朝鮮半島の統一」についての小考 エマニュエル・パストリッチ

「朝鮮半島の統一」についての小考

2019年 2月 1日

エマニュエル・パストリッチ

今までの朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の将来についての議論は、以下の二者択一的な議論だけに終始して来た。つまり、一方で、北朝鮮との協力を拡大し、それによって投資、事業活動、輸送ネットワーク、電力網およびエネルギー協力を増大させることを好む人たちと、他方で、北朝鮮はまだ完全な非核化を達成できていないだけではなく、先進国とは異なり、民主主義と自由市場、国境の開放を容認していない全体主義国家であるため、国際社会の信頼を得ることができないと感じる人たちとの間の闘いである。この単純化した議論は昨年メディアを埋め尽くした。メディアが提示するものを超えた問題に関する市民の議論がほとんど崩壊状況であったために、このような議論がかなり幅を利かせていた。

もはや、韓国で1970年代や1980年代のように、仁寺洞の喫茶店に集まって禁書について議論していた反対派と学生を見つけることはできない。NGOの集まりの定期的な討論はもちろん、家庭で夕食を食べながら、学校で友達と、または喫茶店で、政策、環境、または国の将来について議論していた姿さえ消えてしまった。携帯電話を通して愉快で無害な情報を受信することが受動的な人々の日常となった。

マスコミが特定の政策を「進歩」または「保守」と規定すれば、大多数の人々は、メディアの判断をそのまま受け入れる。プリンストン大学シェルドン・ウォルリン(Sheldon Wolin)教授が「逆さまの全体主義(inverted totalitarianism)」と呼んでいるものとは、商業メディアや広告主の圧力などの隠された力によって、日常的な問題の言説が厳しく制限されている政治的な状況で、服従を強要する独裁者がいなくても、全体主義的システムが定着する。利益を追求する企業の力は、私たちの時代の最も重要な問題を自然に無視する風土を作り上げた。一例として、我々はもはや本を読まない。 10分以上集中できない人が多い。商業メディアは情報取得の場となり、ソーシャルメディアは猫とデザートの写真を提示したり、時折、商業メディアが作り出したイメージを披露するだけである。

韓国社会が共同の問題についての議論を失ったということは、私たちのメディアが、地域経済の崩壊、外資系投資銀行の過剰な影響力、気候変動とそれによる微細粉塵の災害、米国内の一部勢力が夢見る世界大戦などの深刻な問題を言及しないことを意味している。この限られた国内の議論は、南北関係の発展がどのように映し出され、統一は正確に何を意味し、統一をどのように導くかについて莫大な影響力を与えている。例えば、メディアが文在寅大統領とキム・ジョンウン委員長が抱擁する写真を見せてくれれば、南北がDMZ両側から武器を除去するために軍事的に協力したというニュースや、平壌の立派な建物が登場する場面などが肯定的に感じられるようになる。

内容自体はすべて肯定的である。ただし、これを説明する過程で、世界と断絶、閉鎖された封建 – 社会主義国家に生きなければならなかった北朝鮮の住民が今では消費社会の喜びを享受し、はるかに裕福な韓国の兄弟姉妹のように楽しみながら生きることができるようになることを暗に述べている。しかし、韓国も楽園ではない。韓国はかなりの社会的、文化的、経済的な力を持っているが、その中で多くの人々が深い疎外感を感じ、これにより高い自殺率、日常的な自己虐待と他人虐待を招いている。強欲な雇用システムも外せない。現在、韓国では若者たちが苦労して仕事を探すも、社会に奉仕し、高度な訓練を受けることが出来たり、真の人生の決定を下すことができる機会はおろか、コーヒーショップやコンビニで働くことになる場合が多い。生活のあらゆる側面が利益を追求するショーに変質し、人々はこれに疲れてしまった。

さらに、韓国と米国が北朝鮮を貧困と孤立から救うために提示する「民主主義と市場経済」は、全世界的に力を失っている。米国と日本、韓国、欧州で1930年代と1940年代の社会主義の挑戦に対抗して進化した修正資本主義は、さらに貪欲な形で、1990年代より1890年代に近い姿に後退した。今のフランスの葛藤を参考にすると、これらの矛盾がさらにはっきりと、韓国と他の国が今後経験する状況を垣間見ることができる。

今日、いわゆる「先進経済」では市場は小さな役割しか果たしていない。スーパーリッチ層が経済活動を独占して、その階層のメンバーであれば、いくらでもお金を借りて投資することができる経済的封建主義を確立した。一方、大多数の市民は非常に限られた高金利融資のみが許可されるだけである。メディアはこのように、民間銀行と資本が悪夢のような世界を作り出す過程を説明せず、政策決定の背後にある真の意思決定者が誰なのかも曖昧のままである。

マスコミが北朝鮮に導入される巨大な市場経済を語るまさにその瞬間、市場経済は、韓国、フランス、または米国で消滅している。ピーター・フィリップス(Peter Phillip)が熟考の研究を通じて発行した著書「ジャイアント:グローバルパワーエリート(Giants:The Global Power Elite)」で描写するように、スーパーリッチ層とその補助者は現在、お互いの株式を購入して、低金利のお金を貸すようにお互いを保護する彼らだけの社会を構成している。これに対し、一般人は低賃金の仕事であっても掴むために残酷な競争を続けなければならない。この搾取型システムは、「第4次産業革命」の産物である。第4次産業革命の時代には、(グローバル機関投資家の意志ではなく、ただ、天の意に沿って)技術により、労働者の地位が大きく脅かされるものと言われている。

次に、メディアがこのようにがむしゃらに対北包容政策と新たな協力の時代を報道する場合に、密かに隠している問題は何であろうか?何よりも私たちは、誰が何に、なぜお金を与え、それによって誰がどんな利益を得るのかなど、厄介な裏話は一つも聞けずにいる。韓国と北朝鮮の間に鉄道が置かれた場合、北朝鮮で韓国まで石油や天然ガスの輸送管が接続された場合、その輸送管とその石油は誰の所有なのか、石油をどのように売り、その収益金はどのように分配されるか、その輸送管を設置するために税金が使われる場合、納税者もその収益金を一定部分取り戻すことができるのかなど、私たちが知るのは当然である。

ところで、私たちは、企業がどのような契約を議論しているかどうか、または、韓国政府が北朝鮮とどのような交渉を進めているのかについて、それこそ無知である。今この時期には透明性が特に重要である。鉱山や工場が政府に属する政府主導型のシステムが、一介の企業や個人が鉱山などの資源の絶対的統制力を持つ資本主導型システムに変わる場合には、悲劇的な結果を生む可能性があるからである。例えば韓国と北朝鮮に大きな貧困、より大きな富の集中をもたらすかも知れない。いくつかの多国籍銀行、いくつかの政府系ファンドがどのような条件下で、北朝鮮に投資する可能性があるのかを知っていることが望ましいであろう。この投資家が合意を履行していない時に、北朝鮮や韓国の住民を保護する装置は何なのか、署名された(または署名する)契約を一般大衆に公開するかどうかなどを把握するのが良い。

北朝鮮に工場を建てる計画がある場合、次の質問をしてみなければならない。誰が工場にお金を出すのか、収益金は誰の元に行くのか、誰が工場を所有するのか、その工場の労働者が持つ権利は何であり、彼らは収益金のどの程度を受け取るのか、これらの労働者の健康を保護するために、または、環境に及ぼす植物の影響を評価するためにどのような手順を実行するのか? 北朝鮮は石炭、金、鉄、レアメタルを採掘することの環境への影響を評価する専門知識がないため、専門家やNGOが、これらの評価プロセスに必ず参加しなければならない。ところが、今、これらの機構は、北朝鮮訪問ビザすら受けることができない。

一方、韓国と日本、中国、米国はベトナムやミャンマーで起こったことに大きな関心を持たなかった。今後、北朝鮮も、ベトナム、ミャンマーと似たような前轍を踏む可能性がある。私たちは、企業がベトナムの国有化資産を開発した時に、普通のベトナムの人たちにどのような影響を及ぼすのかを考えなかった。これまでベトナムは繁栄して来たと聞いているが、これは正確な説明なのか?そして工業化は、ベトナムの環境や一般労働者にも肯定的な影響を及ぼしたのか?

私たちは通常、安く買って着たら捨ててしまう服、簡単に消費する格安プラスチック、ゴミ箱に捨ててしまう格安スマートフォン、スピーカー、サングラスなどの隠された環境破壊、労働者の被害、またはその他の長期的な費用についての議論はおろか、考えさえしない。正直に言うと、私たちは、この消費社会の中で、ものに隠された本当のコストを正しく判断することができなくなった。これこそ統一時代の深刻な問題である。

これから私たちは、北朝鮮を通して忘れていた現実に再び直面することになるであろう。北朝鮮に20〜30個の石炭火力発電所を建設すると、これは生態系の災害であると同時に、地球温暖化を煽るものであり、すでに危険なソウルの大気の状態を致命的なレベルまでにしてしまうであろう。北朝鮮が利益を追求するために新たに作る工場から出る汚染物質を適切に規制しない場合には、韓国はそのような汚染から自由でないばかりでなく、韓国の工場も北朝鮮の先例に従ってしまうことは明らかである。

北朝鮮のお粗末な賃金と粗末な環境保護は既に大気汚染に苦しむ韓国の中で急速に広がってしまうことを忘れてはならない。北朝鮮の労働者が団結権などの労働者の権利を全く享受できない場合には、韓国企業はこのモデルに沿って、韓国内の労働者を搾取することになる可能性が高い。つまり、私たちは、北朝鮮が市場を開放すれば、韓国のように自由で、幸せで、豊かになるという根拠のない信頼に陥っているが、現在の開発モデルでは、韓国人でさえ自由と幸福と富を失っているのが実状である。あるいは、投資銀行や企業が現在構想している北朝鮮の経済開発計画は、初めから北朝鮮の住民を支援するためのものではないのかも知れない。北朝鮮においても、モンゴルやベトナムの開発で行ったように、ただ収益を考えるだけで、人のための考慮は全くない計画を構想しているかも知れない。

富の集中は、統一の困難を解決するために私たちが考えるべき問題の中で、気候変動の次に重要な問題である。世界的に少数の人たちにだけ富が集中する現象が増加しており、特に韓国と中国でこのような現象が目立つ。この富の集中化は、法の支配を損ない、腐敗したメディアのパッケージの中に、スーパーリッチの贅沢、浪費、華やかさに憧れて強要する文化を創造してしまう。主流メディアの論調によると、北朝鮮は貧しく、南北の経済に大きな格差が存在する。一般的な経済用語に基づいてみると、紛れもない事実でもある。しかし、すでに韓国に定着した北朝鮮の人々の中には韓国生活における自己中心性、競争、他人に対する無関心などに耐えられず、北に戻ることを希望する人もいる。北朝鮮を訪問する多くの韓国人が商業化と競争する文化ではなく、芸術や体操、執筆の目的自体を大切にする文化に大きな感動を感じている。

より大きな問題がある。トマ・ピケティ(Thomas Piketty)が「21世紀の資本論(Capital in the Twenty-F​​irst Century)」で説明したように、少数の手に、より多くの富が集中されるようになると、朝鮮半島の分断は、貧しい北朝鮮と豊かに暮らす韓国との間の分断ではなく、韓国と北朝鮮の平凡な市民はより貧しくなり、ごく少数の選ばれた者だけがスーパーリッチになるという分断になる可能性が大きい。現在、韓国と北朝鮮の間に存在する巨大な格差を否定しようとするものではない。ただ、富の集中による経済的歪みがはるかに深刻であることを指摘したい。

このような傾向は、朝鮮半島は現在、別の問題を解決しなければならず、現状では北朝鮮で「漢江の奇跡」を再現する可能性がないことを示唆している。今後、物質的な発展よりも社会経済的な正義がより重要な問題になるであろう。

統一のための努力は、経済システムが一般人に与える悪影響についても、必ず意味のある回答を出すことができなければならない。現在の経済システムでは、全世界の貿易航路に沿って手頃な価格の物品運送システムが奨励され、大企業だけが唯一合理的な金融を享受することができるために、地域経済が脅かされている。大韓民国では開放経済の失敗で、町のお店、町工場、町の薬局、町のパン屋が廃業したのに対して、スターバックスとコンビニ、フランチャイズベーカリー、他の大企業が進出した事業が繁栄した。大企業は安価な金融を利用して数年間続く損失に耐えることができ、結果的に家族が経営する中小企業を追い出す。ところが、このようなフランチャイズで働く従業員は、長期雇用や適切な退職と健康保険を保障されない。従業員は、経営と金融の意思決定にどのような役割も果たすことができず、働いている支店を所有する権利もない。

一時どこにでも見ることができたが、今ますます破産の危機に追い込まれている小規模店にとっては大打撃だ。このような経済学を北朝鮮に導入するつもりであれば、北朝鮮はまだチャンスがある時に拒絶しなければならない。北朝鮮に最も重要な問題は、最終的には20年後または50年後に国家としてどのような姿になるのかであって、すぐにビデオゲームやK-Popアイドルを紹介して住民を熱狂させることではない。

「統一」とは何か?

統一の究極的な意味について混乱するのは、曖昧で誤解の余地があるように私たちの統一を1990年のドイツ統一と比較するためである。夜遅くまで焼酎を飲みながら外国人たちと話す時には、このおとぎ話のような比較が人気であるが、いつもお決まりの話になる。東ドイツは常に西ドイツの経済発展について行けなかったし、統一後に東ドイツの人々の生活が改善された結果、ドイツはさらに繁栄する大国になったというのがそれである。また、韓国もドイツのように統一から利益を得ることができるが、東と西ドイツの間の所得と産業発展の格差は北朝鮮と韓国ほど大きくなかったので、朝鮮半島の統一は、より長い時間にわたって進めなければならないというものだ。

南北の所得と産業発展の格差は長い統一の過程で、北朝鮮の労働者を安い賃金で搾取する韓国企業と多国籍企業の言い訳に利用されるであろう。しかし、北朝鮮の労働者が適切に報酬を受けず、専門知識を蓄積したり、賃金を節約していなければ、そのプロセスは、北朝鮮の住民たちを豊かにするより、すべての人の生活水準を落とす公算が大きい。北朝鮮の労働者が少ない給料をファストフードや携帯電話に使うのなら、彼らの生活はさらに悪化するだけである。

それでは、韓国は過去数十年間、どのようにして経済的繁栄を享受できるようになったのか?そうなるまでの過程は「漢江の奇跡」、その中でも「奇跡」という言葉に隠されている。韓国の繁栄は多くの相反する事柄の結果ではあるが「奇跡」ではない。韓国の経済成長は、部分的に朴正煕大統領の急激な工業化計画の結果であった。振り返ってみると、韓国が化石燃料や輸入農産物に大きく依存するようになった急速な工業化は、今はそれほど祝福のようには思えないが、彼の政策が効果的であったという点一つだけは認めなければならない。

朴正煕大統領は「満州開発モデル」を効果的に活用して開発速度を高め、すべての市民がまるで巨大な軍隊の一部であるかのように国家事業に参加するようにした。しかし、こんなに早く工業化を達成できた秘訣は、政府が外資系銀行や大企業から資本の管理を奪い、長期的発展モデルをイデオロギー的にコミットしている政府官僚の管理下に置いたことであった。当時、朴正煕政権は、国民の海外送金を全面的に制限し、国民が貯蓄を介して(政府キャンペーンでは貯蓄を奨励)政府主導の貯蓄計画に参加、開発に資金を出すようにした。また、韓国に流入される資本を政府が統制して、産業と技術の育成、インフラ開発、教育に集中するようにした。この方法は、現在、北朝鮮において計画されている形態の短期的な投機目的には向いていないであろう。

朴正煕のアプローチには、長所と短所が共存している。韓国政府と企業が北朝鮮の発展のために、そのようなモデルを考慮していないということだけは確かである。これまで、長期プロジェクトを通じて北朝鮮の教育レベルがどのように上がるのか、または北朝鮮の市民社会をどのように育成するのか、緑地をどのように構成するのかについてどのような話も聞けなかった。北朝鮮の次世代知識層を育てる必要性についても一言もなかった。韓国では既に知識人たちを使い捨てのように扱っているので、そのようになるのかも知れない。複合企業体が北朝鮮の発展について議論しているという事実自体が大きな利益相反である。結局、これら大企業はそもそも短期的な利益だけに集中するので、北朝鮮の将来を計画するにあたって何の役割も果たすことができない。北朝鮮の開発についての議論は、利益相反がなく、倫理的なガバナンスに専念することができる政府官僚や専門家に限定するのが正しい。

再び1990年のドイツ統一の話に戻ろう。相当の昔に、相当遠くで起きた出来事である。当時、西欧の経済体制と工業生産ははるかに広い富の分配をしていた。労働組合と政府の規制で、今日、私たちが(国内外で)目撃する労働者の搾取は不可能であった。共産党によって強制された経済チェックのために、富の集中を最近のように過激にはできなかった。資本主義の勝利として1990年のドイツの統一が評されたのは、むしろ官僚主義的社会主義に対して、しっかりとした社会福祉国家の強みを示したことに対するものであった。しかし、もし急進的または革命的社会主義に専念する反対派の絶え間ない圧力と批判がなければ、ドイツで(またはフランスとスカンジナビア半島から)そのような社会福祉国家が誕生していなかったのだ。つまり、1990年に勝利した資本主義は修正された、希釈された資本主義であった。

共産党からの批判がなくなったということは、今後30年間の世界が破壊的な形で展開することを意味していた。少数の人たちが資本を独占して市民に空虚な消費文化を強要する悪夢のような世界と、急激な気候変動の登場は無関係ではない。残念ながら、マスコミは消極的ながらも気候変動を報道しながら、それが遠い未来のことのように思わせた。科学の専門家たちが残り時間が少ないと叫ぶ中でもである。気候変動への対応は、統一政策の中心にならなければならない。しかし、韓国政府と企業は、北朝鮮において数十年は環境問題がないように開発を継続できると呑気な仮定をしている。これ自体が危険な詐欺だが、韓国や東南アジアでの石炭の使用を奨励することよりはマシである。

分断の朝鮮半島、特に北朝鮮が冷戦の最後の残滓ということも根拠のない信仰の一つである。北朝鮮は本当に、自由な開放市場、自由な意見交換、民主的なプロセスを通じた個人の潜在能力の実現を原動力とする新たな世界秩序の傍を彷徨う古い社会主義の最後の残滓なのか?今日パリの道の上でフランス政府と戦う人々は世界をそのように見ていないのは確実である。自然環境を破壊して、伝統的な農家を貧困に追い込む巨大企業型農業と戦う人々は西欧世界でパラダイスを発見できなかった。もちろん、北朝鮮が腐敗の沼に嵌って国民を抑圧し、あまりにも長い間、間違った道を歩んで来たのは事実である。しかし、私たちは、北朝鮮のこのような問題を解決する道が、シンクタンクを介して政府に政策を強要する無慈悲な多国籍銀行から出てこないことは分かっている。

朝鮮半島の悲劇的な分断の最も強力な象徴でもある非武装地帯、すなわちDMZを考えてみよ。年配の世代にDMZは、社会主義と資本主義の世界、国による経済的統制社会と民主的で自由な社会との間の悲痛な分裂を意味する。彼らにDMZは、ヨーロッパなどでは既に克服された個人の痛みと過去の分裂を称える記念碑である。DMZは、インターネットと共に国境が消える時代にも、過去30年間の自由貿易と自由観光によって世界が統合した今でも、奇妙な姿で残っている。より適切にDMZを表現することは出来ないであろう。

DMZを他の視点から眺めることは出来ないのであろうか?若い世代にDMZが何なのか聞いてみると、彼らはDMZを過去の残滓ではなく、むしろ来るべき何かの前兆であると言うかも知れない。すなわち資本と商品、スーパーリッチは自由にどこにでも行くことができるが、一般人の移動は制限される将来の前兆だと。

私たちは、パレスチナのガザ地区を囲んでいる壁、米国とメキシコの間にドナルド・トランプが建設中の巨大な壁でDMZの末裔に会うことができる。これらの壁は、貧しい者を遮断し、武力を使ってグローバル投資が引き起こした経済的葛藤を解決する。

私たちのすぐそばにも壁がある。裕福な人々が住んでいるゲートコミュニティを囲む壁、快適な生活を楽しんでいる人たちが自分たちと同じでない人たちと交わることを回避できるように積み上げる壁である。これは韓国だけでなく、私たちの社会のあらゆる場所の急進的な分裂が、偏狭な利害関係を共有するための小さな集団に細分化されていることを示唆している。

統一政策の隠された先例

統一プロジェクトをさらに深く掘り下げるために、統一計画を策定している韓国政府と企業の潜在意識の中に、正確にどのような統一モデルがあるのかを考えてみる必要がある。もちろん、彼らはドイツの統一を話すかも知れないが、ドイツの統一過程は、朝鮮半島の歴史や韓国人の本能的な反応とは距離が遠い。

朝鮮半島は過去にも、経済的、政治的、社会的統一を成し遂げたことがある。新羅や高麗時代にも統一されたが、時間上あまりに遠い過去であるため、韓国人の心に直接的な影響を与えなかった。ただし、影響はないとしても、韓国の人々の意識の中に隠されていること、韓国人たちが経済発展と統一についての考え方を形成したものは何であろうか?

比較的最近に大規模な経済的、政治的統一プロジェクトの先例があった。1936年、日本人の朝鮮総督によって締結された「第1次満州 – 朝鮮協力協定(第一次満朝協定)」である。この協定は、満州と朝鮮の両方の迅速な工業化と効果的な経済文化の統一のために「満州と朝鮮は一つ(満朝一如)」と呼ばれるビジョンに始動をかけた。1930年代後半の朝鮮の新聞は、朝鮮企業は安い満州労働力を活用して、満州の天然資源(石炭、鉱物、肥沃な土壌)を用いて迅速に富を生み出すことができる巨大な機会を得たと報道することに忙しかった。

2014年に朴槿恵前大統領(当時大統領)が北朝鮮との統一は「大当たり(bonanza)」としたとき、彼女が使用した「大当たり」という言葉がちょっと不思議に感じられた。事実、その言葉は1930年代に満州が提供した経済的機会を説明するために頻繁に用いられた「一攫千金」の表現を現代風に直訳したものである。朴前大統領が1930年代の朝鮮と満州の政治経済的統合を考えてそのような言葉を使ったのではなかっただろうが、朝鮮と満州が統合された過程を通じて、多くの朝鮮の家が今日まで続く富を得た。その言葉は微妙ではあるが明確な響きがあったのであろう。おそらく彼女の無意識の中にそのような概念が内在していたようだ。

朴前大統領は、自分の父である朴正煕元大統領から政治と経済を学び、父が野心的な若者として経済ブームに乗って満州に行って権力を得たことに注目したのである。19世紀の多くのアメリカ人が「Go West」という致命的な誘惑に駆られたように、1930年代の朝鮮人たちも、1930年代の満州という広い土地に走って行った。今韓国人たちに北朝鮮の開発がどのように写っているのか、そして1930年代満州の開発がどのように人々の心を引き付けたのかを見ると、驚くほどに類似している。

しかし、今回だけはあの悲劇的な道をたどる必要はない。私たちには自分の道を探して、搾取や大規模な資本投資に依存しなくても、朝鮮半島と北東アジアの新しい開発モデルを作ることができる能力がある。

統一は市民運動でなければならない。それは、資本家の収益を気にせず、個人の可能性を完全に実現できるようにする人々の間の取引でなければならない。統一は、市民がビジョンを表現し、それを実現できるように、文化と表現を活性化させる文化的運動でなければならない。それは、朝鮮半島の至る所から集まった若者が力を結集し、自分の権利を強化することができる社会を創造する若者の運動でなければならない。統一は、社会問題、環境問題、その他のすべての人が共有する問題に集中すると共に、軍国主義と巨大な権力競争から脱した平和運動でなければならない。

「化石化した韓国政治」 ハフィントンポスト

ハフィントンポスト

「化石化した韓国政治」

2019年 1月 9日

エマニュエル パストリッチ

文在寅大統領が9月に平壌を訪れた際、最も印象的だったのは15万人もの平壌市民を動員した巨大な綾羅島メーデー・スタジアムで演説したことである。男女を問わず熱気に包まれた観衆の歓声は多少驚かされるものであったが、文大統領自身もこの熱烈な反応に高揚している様子がはっきりと窺えた。文大統領の述べる言葉のひとつひとつが観衆の歓声でより一層力強さを増したようだった。金正恩委員長について言及する場面では、文大統領と平壌市民はまるで「一体化」しているかのようにも見えた。確かに言えることは、本国の韓国では防弾少年団(BTS)やiKONのコンサートでなければ、このような熱狂的な観衆の姿は見られないということである。

文大統領にとってはとても感極まる瞬間だったことであろう。北朝鮮の演出ではあったが、むしろ、韓国でも支持層集めのために各界の重鎮の前で跪いてお辞儀する意味のない儀式が政治的パフォーマンスになっており、今や慣例になった政治的パフォーマンスは自分がいかに親しみやすい人物であるかを証明するための単なる手段でしかなく、世間の人々の注目を集めるためには全く面識がなくても、また、今後も決して顔を合わせることのない人たちとでも、気軽に一緒にポーズをとる、そんな政治的パフォーマンスはよく使われている。

しかし、文大統領の目に映っていた状況は違う意味のものである。スタジアムに集まった観衆は権力による支配の産物といえるもので、おそらくそう思われてもある程度は仕方がないことではあるが、観衆自体からはみなぎるパワーが感じられた。平凡な北朝鮮市民の政治への献身は単なる独裁政権の証だと一蹴してはならないと私は思っている。大規模な集会や完璧なマスゲームの裏には相当なショーマンシップや心理学的にもただならぬエネルギーが要されるのである。

韓国では今やそういった光景は昔話になってしまったといっても過言ではないだろう。もちろん、2016年に朴槿恵を政権から引きずりおろしたろうそくデモはまだ記憶に新しい。ろうそくデモはハイレベルな政治参加への文化をもたらし、朴槿恵政権を倒すという当初の目標からすれば、成功したといえる。しかし、朴槿恵政権の裏に潜んでいた制度的腐敗、韓国経済に大きな影響力を及ぼすようになり新たに浮上した海外投資銀行、トランプ政権への盲従的な支持や執着、イランと戦争しようとするアメリカ内のネオ・ファシズムに対しての完全沈黙、等の問題は全く改善されていない。文大統領は「ろうそく革命」で誕生した大統領としての神話が消えつつある。

韓国で政治が衰退してしまったのは、人間の経験に基づくファシズム的アプローチや過度な産業主義のせいである。暮らしのありとあらゆる面でサービスが有料提供されるようになった。健全でない文化が韓国の出生率をかつてないほどに低下させてしまい、それに加えて、最近ではイエメン難民への不満が一気に噴き出し、それが移民者への敵対心となった。

結果的に老衰してしまった社会は高齢者が政治をほぼ支配していることを意味している。実際、政財界で決定権を握っているのは70歳以上の男性である。この問題は富の集中によりさらに深刻になってしまった。ほとんどの若者は政治プロセスからは疎外されており、ごく一部の若者しか政治参加への強い意志は見られない。多くの若者は変化への希望を諦めてしまい、スターバックスでコーヒーを飲んだり、ゲームやポルノ等で現実逃避することしか興味を示さなくなってしまった。まさに政治が崩壊してしまったのである。

リベラリズムは80年代の民主化運動や2000年代初めの盧武鉉政権に影響を及ぼした勢いをほぼ失くしてしまった。とりわけ、目につくのはリベラル的な政治論争が狭い範囲のシンボル的問題に限定されてしまったことである。太平洋戦争当時、日本軍が性的虐待を行なった「慰安婦問題」については限りなく議論される一方で、今日、韓国人男性が行なっている移住女性への虐待について関心を示す者はほとんどいない。農民の生計を脅かす自由貿易についてはタブーなテーマになってしまった。

老年期を迎えたリベラル指導者のほとんどが80年代の「民主化運動」の追憶に浸ったままで、今日の労働階級の若者たちが直面している深刻な問題は把握していない。彼らはアメリカの民主党員と同様に、企業との緊密な協力よりは左派からの批判にしか関心を示さない。結局、年老いた指導者たちのほとんどが相当な資産の所有者であり、より公平な社会を作ることよりも自分の身内がよい大学に進学できることにしか余念がないのである。

ところで、つい最近、非常に影響力を持つリベラル系政治家が主催する本のサイン会に招かれた。その会場では今年53歳になる私が最年少参加者であるという事実に衝撃を受けた。絶滅した恐竜のアロサウルスやディメトロドンのように化石化した参加者たちは70、80年代の学生闘争の話を何時間も延々とした後に、その当時の歌を歌いあった。参加者たちは民主主義について語ったり、何人かの保守政治家に対しての批判は行なったが、熾烈な学歴競争社会が支配する悪夢のような世界で必死に生き残ろうと歯を食いしばっている普通の若者たちが直面する現実については一切口にしなかった。

一つ確かなことは、衰退してしまった経済のもとで日々塾通いや仕事に追われる韓国の若者たちはそのイベントについて何も知らなかったということである。しかし、もし、若者たちがそのイベントに招かれたとしても、有意義な時間を持てたと思う者は誰一人としていなかったであろう。

また、先月、リベラル系の書店で友人と一緒にコーヒーを飲む機会があった。その書店に陳列してあった韓国語の教育、経済、社会、文化関連の本はたいへんすばらしかった。書店の社長は現代社会について真剣に考えている知識人であった。しかし、年配の知識人が作った知識空間と現代社会で自分の道を見出そうと孤軍奮闘する一般人の間では埋められない溝があるように見受けられた。韓国各地のカフェやコンビニであくせくと働いている多くの若者は、リベラル系書店にある本を読むことで得られるものがあるはずである。おそらく最近の若者は読書習慣をあまり身に着けていないであろうが、本を読むことで現代社会でも真の価値を見出せることはできるであろう。

確かなことは、若者たちはリベラル系書店が存在することも知らず、書店に埋め尽くされている書籍をあまり身近に感じてないということである。残念ながら、若者たちは自分たちが置かれている大変な境遇への共感を歌謡曲の歌詞から見出そうとしている。よかれと思ってリベラル系書店を営んでいても、高等教育を受けた裕福な経営者には現代社会であくせくする人たちへの接近法はわからないのである。

私は韓国で過ごした11年4ヶ月の間、リベラルな非政府組織(NGO)で活動してきたが、どのNGOでも参加の文化が非常に薄れてきたので、活動からは全部身を引いた。そのNGOからは未だに会費の支払い請求があったり定例会議にも招待を受けたりするが、それ以外の行事には参加する機会もなく、私が積極的に参加して手助けできるものもなかった。会員資格がさほど重要でないことは明らかである。むしろ、定例会議にはリベラルの裕福な寄付者の方が必要に思えた。わかりやすく述べると、リベラルの寄付者はグリンピースの活動家がホッキョクグマを守るキャンペーンを展開するように自分の活動を見守るだけである。グリンピースはホッキョクグマに意見したり会員登録を要請したりすることはなく、リベラル団体は労働階級の人々には加入要請も行なわない。

私が最も力を入れてきたNGOは参与連帯なのだが、ソウルと大田の会員として活動してきた。当時、外国人を含む韓国内の全労働者を対象としたセミナーを開催して、労働者が求める事項についてはよりわかりやすくするべきだと主張してきた。私が求めたのはNGO事務所と参与連帯のホームページにイベントを公示することだけだった。しかし、私の提案は受け入れてもらえなかった。

ところで、4ヶ月前に参与連帯側から脱退理由を問う電話があった。私は理由も説明して、業務担当者に直接会ってもっと積極的に参加できる方法が話し合えたら、また喜んで参加する意志を伝えた。しかし、それに関しての回答は得られなかった。

ならば、韓国の保守主義者の状況はどうかというと、残念なことに、政治の化石化は保守陣営の方がもっと深刻である。光化門広場では保守陣営のデモが定期的に行なわれているのだが、このデモに参加しているのは韓国、アメリカ、イスラエルの国旗を手にする老人たちが大多数である。理由は定かではないが、保守政治家たちが日本との親密な軍事協力を推進しているにもかかわらず、日章旗を手にしている者は見当たらない。

こういった集会では反共、ドナルド・トランプ米大統領のキリスト教界への支援、朴槿恵元大統領の釈放、60、70年代の漢江の奇跡への賞賛、等が主なテーマになっている。デモの参加者の中には朴正煕元大統領の顔写真バッジをつけている老人もよく見かける。韓国が国際貿易依存度を高め、農業を軽視し、化学燃料の大量輸入を推し進めたのは朴正煕元大統領の決定的な大きな過ちだと思っているが、朴正煕元大統領の経済成長へのたゆまない推進力や公教育の整備については未だに大きな成果だと評価されることには理解ができる。

私が理解しがたいのは、一時、左翼の労働党で積極的な活動を行っていた老人たちが経済的自立を主要目標とした朴正煕元大統領と今日の保守政党は関連があると思っていることである。朴正煕元大統領ならば、今日の保守陣営が推進している食品やその他商品の輸入依存度を高めたり、外国の投資銀行が韓国経済を直接干渉できるようにしたとんでもない経済政策は決して認めなかったであろう。保守陣営はマッコーリー・グループのような狙った獲物は決して逃がさない海外金融機関に自国のインフラをやすやすと明け渡している。朴正煕元大統領ならば、社会間接資本施設に対する民間投資法(PPI)を推進したり、韓国経済の中枢を担ってきた自営業者たちが経営難に陥るのを傍観しなかったであろう。

今日の保守主義者は韓国の伝統を破壊して、カジノ宣伝や美容整形の奨励・広告等、女性の役割を性的対象として局限すること以外には何も考えてない破壊的な新自由主義経済の政策だけに執着している。

しかしながら、韓国の保守政治を代表する老人集団にも財産はある。それは米韓同盟である。朝鮮戦争前後の米韓関係は貧しい人たちのために惜しみなく尽くす宣教師や平和支援団体のボランティアたちと民主主義を崩壊させた無慈悲な軍部に挟まれてとても複雑な関係だった。

デモ要員の老人たちはアメリカ政府の実際の政策についてきちんと理解しているわけでもなく、両国の関係が進むべき方向についても実質的な提案ができるようには見受けられない。むしろ、アメリカは急激に発展することよりも、安定かつ予測可能な未来を象徴する対象になった。

保守主義者がアメリカにこういった態度をとるのは、昔、優れた文化や経済力を持ち備えていた明に対して敬意を払って接していた事大主義のやり方を彷彿させるものがある。明は1592年と1598年に豊臣秀吉率いる日本が朝鮮を侵略した際、援軍を出兵させた。明・朝鮮の両国はそういった出来事を通して、関係をさらに確固たるものにした。当時の朝鮮の大多数の知識人にとって明は政治的・文化的権威の源泉になった。しかし、既に加速化していた明の政治・道徳・制度の衰退は17世紀初めには抑えが効かなくなってしまった。朝鮮には明の政治文化の面影が強く残っていたのだが、明自体は国内各地で起こった反乱により一気に弱体化し、結局、1644年には完全に崩壊してしまった。

当時の朝鮮の知識人の大多数はその後も300年にわたって明の文化的権威に忠実に従い、満州族が清王朝を建国してからは誰の目にも朝鮮は窮地に陥っている状況であっても、その当時の保守主義者たちは朝鮮では明の制度を維持したという自負心をもっていた。朝鮮の人々は明末期でも衰退の兆候を認めず、明の権威は明が滅びてからも長い間維持された。韓国には今でも明の最後の皇帝、崇禎帝(1627-1644)の年号を用いる儒教寺院がある。

今日の保守主義者の態度はこれにとても類似しているように見えるのだが、アメリカが朝鮮半島での重要な役割を終えてからも、アメリカに対する忠誠心がずっと維持されるかどうかが気になるところである。保守主義者は自分たちにメリットになるアメリカとの関係が維持されることを望んでいるが、それに関しては今や難しくなった。保守主義者たちは文在寅政権がアメリカとの関係を敬遠していることにとやかく言うよりは、むしろ、北朝鮮指導者と「恋に落ちた」と言うアメリカの大統領に対抗するまでに後退した。

 老人たちが支配するリベラル・保守議論、狭い範囲に限定された議論テーマのせいで、韓国では北朝鮮の開放を上手く活用できる能力が麻痺している。北朝鮮と共に推進できるプロジェクトの提案・実行ができるクリエイティブな若者は多いが、根本的に若者は単なる傍観者でしかなく、若者は自分の生き残りをかけて身を削らなければならない状況に置かれている。北朝鮮は未だに多くの問題を抱えているが、今現在の一番の難題は朝鮮半島の新たな可能性を模索する韓国の人々がどこまで手腕を試せるかどうかである。

フールハウス

新しく掘ったお墓

アメリカの民主主義

「北朝鮮とコモンズ共有経済: 新種国家の為の白紙状態なのか?」 ハフィントン ポスト

 

ハフィントン ポスト

「北朝鮮とコモンズ共有経済: 新種国家の為の白紙状態なのか?」

2018年 11月 8日

エマニュエル パストリッチ

新たに浮上する北朝鮮は、持続可能かつ協力的な経済及び社会発展の新たな基準を国際社会に提供することができるだろうか? 地政学的変化と新しい技術のお陰で、共有経済「コモンズ」の考え方は益々実現可能なものに見える。南北の関係が急速度に変わりつつあるため、緊急な問題はもはや次の段階の和解プロセスのにあるのではなく、政治的、経済的及び文化的認識に向かっている。 Read more of this post

゛韓国人に「革命」は何を意味するのか゛ 中央日報

中央日報

゛韓国人に「革命」は何を意味するのか゛

2018年 10月 12日

エマニュエル パストリッチ

最近、「革命」という言葉が何度も出てくる、ある銀行のテレビ広告を見た。かつて極左を説明する時に使われた用語が、現代韓国社会で広く、特別な拒否感や批判的考慮なく使われているという事実に驚く。ところが今日、特に生活パターンと技術が非常に急速に変化するこの時期に革命という言葉は正確に何を意味するのだろうか。このような疑問を感じた。 Read more of this post