Tag Archives: 生態都市

科学技術都市間の生態都市連合

 

科学技術都市間の生態都市連合

(エコ・シティ連合) 

ECOCITY ALLIANCE OF SCIENCE TOWNS

PALO ALTO (UNITED STATES), TSUKUBA (JAPAN) & DAEJEON (KOREA)

パロ・アルト(米国)・つくば市(日本)・テジョン市(韓国)

2009年 1月 1日

 

コンセプト

今日、ごみの減量化、エネルギー消費の縮小、世界的気候変動への積極的な働きかけ、市民の健康および都市空間の居住性の改善といった、生態学的な観点からの持続的発展の可能な都市環境への欲求が増大しています。 しかし国家を横断した都市間でそのような変革を達成しようとするならば、我々は市民の支持を取り付けた効率的機能用件の必要性に対し、特に関心を示す国々とともに、エコ・シティのモデルとなるいくつかのモデルの確立を鋭敏にかつ迅速に目指さないとなりません。それらのエコ・シティは、ごみ処理・用水管理・自然公園・野生動植物の保護区域・代替エネルギー・絶縁体、交通環境問題など極めて現代的あり、ほとんど環境に負荷をかけない手法を取り込んだ次世代エコ・シティの創造のために講じられるであろう、国家努力のあり方を示すヒントとなるでしょう。

最先端のエコ・シティにとって最適の場所は、第1に、大都市よりコミュニティをすばやく変化させることが可能である、比較的コンパクトな都市です。第2に、その都市は、エコ・シティに関連したすべての分野にわたる最も高度な研究に容易にアクセス可能できることが求められるため、科学技術団地のある地区が存在していることが望まれます。

最後に、環境変動の脅威がグローバルな問題であることから、研究団地から入手可能なテクノロジーを周辺地域から調達し、エコ・シティのモデルを発展させるための努力がグローバルな努力へと結びつくことが求められます。比較することは、すなわち、互いの戦略に関して意見を交換することであり、いくつかの都市間での最先端のエコ・シティを発展させるコストを分担することで相互に大きな利益を得ることができます。さらに、異なる国家間の協調という国際的要素は、国内的にも世界的にもそれらの成果に多くの国々が関心を抱くことになるでしょう。

 

参 加 者

 

前述した理由から、エコ・シティ連合の中核となる3つの都市は、スタンフォード大学を抱えシリコンバレーの中心にある米国のパロ・アルト (Palo Alto)市、KAISTの本拠があり韓国の科学技術をリードする大学と諸研究機関を抱える韓国のテジョン(大田)市、筑波大学が設置され, AISTなど科学研究機関を複数かかえる 日本のつくば市からはじめられることが、望まれます。これらの都市は、より大きい地下鉄都市(サンフランシスコ、東京、そしてソウル)に近く、優秀な専門家と研究設備をかかえ、次世代エコ・シティを設立するために必要なすべての分野と関連しています。

Read more of this post